1999.06  南アルプス南部 光岳2591m テント

        単独


 静高平の水場                 静高平を流れる清流           センジヶ原の奥に立つ光小屋
静高平 静高平 センジヶ原

 新築されたばかりの光小屋        光岳山頂に初めて立つ         ハイマツの最南端
光小屋 光岳 ハイマツの丘

この写真は、銀塩カメラで撮影した写真をデジカメで撮影したものです。


1999.06.03
20:30    浦安自宅発

01:10    中央道駒ケ岳SA 車中泊

1999.06.04
04:30    駒ケ岳SA出発

10:05    易老渡登山口発 出発が何故こんなに遅いのか?
       これには理由が有りました。 (最後に書きました)

11:30    稜線に出る かなり重・充装備すぎた コースタイムの
       2倍掛かっている

13:00    面平 これぢゃ〜とても光小屋は無理だ!

17:00    前易岳 テント設営 普通なら4時間のところを・・・

1999.06.05 誕生日
05:45    出発 晴 食事の回数多い分水不足に・・

06:45    易老岳 誰かが焚火したのだろう 黒こげの丸太が熱い

09:00    三吉平 ここから急登だ 雪を溶かして飲む

10:45    静高平 初の水場 水が豊かに流れている 昼食

12:00    光小屋着 誰もいない ノートに書込み「誕生日です!」

13:20    寸又峡温泉方面に散歩 日本のハイマツの南限で記念写真
       ネットで調べると日本のハイマツの南限=アジアの南限
       北半球の南限も可能性強いそうです スゴイ!!

14:10    光岳着 雪70センチ位(小屋〜山頂は普通15分)

14:30    小屋に戻る 5名が到着していた。

1999.06.06
05:15    小屋発 小雨

05:40    イザルヶ岳2540m 光岳より眺望よし

08:00    易老岳

09:45    面平

12:30    易老渡登山口 最後まで重・充装備は重かった(35?)

15:30    中央道諏訪SA内の温泉に入る

19:30    浦安着


       トラブル:カーナビの誤作動で「良く似た」地形に迷う

       初めての南アルプス南部 もちろんこの易老渡からの
       登山も初めて。 当然道路地図や登山地図・2.5万図は
       持参しましたが、カーナビを信じて進みました。
       しかし、道は倒木・落石跡多く、数年位は放置されている
       感じがした。石をどかし何とか分岐から1?位来たが、車が
       横倒しに成りそうな道。 おかしいと思いやっと引き返す。
       もし、4WDでなければ最初から諦めて自宅に帰っていたか
       もっと早く地図を見て登山口を発見したでしょう。

       本来の「道路」は遮断機があって、やはり誰でも初めてなら
       その時迷ったでしょう。 次に来た時は「本線」は舗装され
       「迷い道」には大きな×印が有りました
       カーナビは深い谷間では精度が落ちる事を知ってはいたけど
       再確認しました。





Home・・・・トップページに戻る