2000.06  南アルプス南部 茶臼岳2604m

      単独


 横窪沢小屋(冬季休業)          茶臼小屋からの朝日             稜線に出る
横窪沢小屋 青薙山方面 稜線から聖岳

 茶臼岳山頂                 茶臼岳から光岳               場所により雪がたっぷり
茶臼岳 光岳方面 仁田池付近

 仁田池付近から仁田岳茵         /療鎮咫                   々盪蛙∧が芽を出す
仁田岳 仁田池 ギョウジャニンニク

この写真は、銀塩カメラで撮影した写真をデジカメで撮影したものです。


2000.06.02
21:20   浦安自宅発 東名清水で下り、静岡市内 県立総合病院前のコンビニで
      食材を調達。 今後静岡側からの入山の定番に。

02:10   井川ダム着 駐車場・水・トイレなど完備で車中泊に良い

2000.06.03
06:20   井川ダムを車で出発

07:30   沼平駐車場発 一般車はこの先入れない 林道を歩いて大吊橋へ

08:20   畑薙大吊橋 長〜い高〜い下が丸見えの良く揺れる橋。幅20cmの板を歩く
      初めての私は全身に力を入れすぎて対岸の登山口でクタクタ
      帰りも通ると思えば 恐ろしい

09:00   ヤレヤレ峠 名前程の疲労は出ないが、このあと河原まで下りなくちゃ

10:30   ウソッコ沢小屋 これまた愛きょうある名前。 無人小屋になっちゃった。

12:40   横窪沢小屋 シーズンオフ中 旧小屋は冬季開放 水豊富

14:00   水呑場 水少ないが水が枯れていたことは今後も無かった この先残雪

15:50   茶臼小屋 少し前から雨 冬季一部開放 本日6人泊 久々に疲れた
      残雪が一面にあり 小屋はもちろんオフシーズン

2000.06.04
05:00   小屋発 本来の登山道はアイズバーン アイゼン・ピッケルのない私は
      藪をアルバイト 約1時間半も掛けてやっと稜線の登山道に

07:20   茶臼岳山頂 ホントは光岳往復を予定してたがこのままでは無理で
      目標を仁田岳までにする 茶臼岳山頂は眺望よし

08:00   茶臼岳下り やはりアイスバーンで藪につかまりながら下りる

08:50   仁田池 この先あるはずの登山道が判らずハイマツ帯にまよう
      よって、仁田岳もあきらめた。

10:10   茶臼岳に戻る。  今度は北側の上河内岳(2803m)を目指す

11:30   お花畑 もちろん花は無く一面雪 二重山稜の中風弱く汗ばむ

13:00   竹内門手前 またも登山道見失い崖の上に出る 昼食をとりながら
      地図再確認するが不明 晴れた陽だまりの中、のんびりと美酒を飲む

15:00   茶臼小屋に戻る 帰りは雪が柔らかく登山道を快適に下る
      同泊者50才代男性から「行者ニンニク」の料理方法を聞く
      小屋周辺 まるで雑草のごとく行者ニンニクが生えている
      味が餃子に良く似ていて「うまい」貴重な野菜で元気付けだ!!

2000.06.05誕生日
06:00   茶臼小屋発 晴 もう少しのんびりしたい気分だ

07:40   横窪沢小屋 5人分のザックが有った

09:20   ウソッコ沢小屋

11:10   畑薙大吊橋 例の怖〜い吊橋です

12:00   沼平駐車場

13:20   赤石温泉白樺荘 ここは休憩・入浴無料の施設。 建物は古いが温泉は
      とても有難い 無料入浴に感謝して必ずお土産は買って帰ります
      お土産:わさびなど山菜・民芸品・山の本などなど

20:30   浦安自宅着 行者ニンニクと南アルプスのおいしい水を冷蔵庫に


・・・コラム・・・子供たちのふるさと

またもや こんな処までご覧下さいまして本当に有難うございます。
静岡は、子供たちの「ふるさと・その1」なのでしょう

私たちが転勤により静岡に越したのは1990年10月のこと。
当時、息子はちょうど1才、娘は転居2ヶ月後に誕生した。
当然子供たちは、静岡の山や海・川を見ながら育ち、自分のふるさとに
成るはずの街だったのでしょう。
東京への転勤辞令が出た時、幼稚園を卒園し来月から行くはずの小学校へ
行けなくなった息子は、私の少年時代とは全く異なり、何の落胆も見せず
「ぼくの小学校が決まったら教えて」だって。 えらい!!

静岡市には1996年03月に別れを告げましたが、美しい自然 特に人の手が
加えられていなかった河川敷と海岸線・・・とにかく幼い子供を育てるのに
良い環境だった事に間違いなし。 河原では焚火をして焼肉を食べたりもした。
翌月、息子(6)は舞浜小学校へ、娘(5)は舞浜幼稚園にご機嫌で通い
はじめました。

何故新居を浦安市に決めたか・・深い理由が有りました。(次回コラムにて)

静岡市に住む前は、埼玉県大宮市におりました。

 長女
当時9才





Home・・・・トップページに戻る