2003.06 小笠原諸島 母島 乳房山463m・貨物船旅行・南十字星・イルカとダイビング

     特殊装備:スキューバーダイビングセット(借り物)

     今回の旅は、会社の希望退職に同意した時から考えました
           と言っても2ヶ月前の事。

     心配した事:つい先日まで夜間は氷点下の南アルプスにいて
           今度は北回帰線に近い夏の島に来て体調は持つか

     期待した事:東京〜父島まで不定期の貨物船に乗る事。
           今まで旅客船やカーフェリーは乗ったけれど
           貨物船は初めてだ。

           乗船名簿の職業欄に「無職」と記入

     利用した船:第28共勝丸

     宿泊形態 :民宿素泊り自炊 小笠原はテント泊禁止


出航を待つ共勝丸
共勝丸

この写真は、銀塩カメラで撮影した写真をデジカメで撮影したものです。

2003.06.20
10:07   共勝丸乗船 今回の旅楽しそうだ 客としては大宮からの若い男性、
      名古屋からの夫婦、それに舞浜荷駄隊の4人。 いずれも定年退職、
      フリーター、求職中。 でなけりゃこういう旅は無理・・。
11:55   船は食料品を山積して月島埠頭発 でも可燃物を積む為にもう一つ港に
      入るそうであった。
12:40   有明港着 海上が荒れている為、今夜はここに停泊するとの事
      共勝丸はこの間、自動車やガソリン・灯油、家電製品を積んでいる
      自宅に戻っても明日10時に戻れば・・と船長さん
      日程は1日延びるが料金は3食付で18.000円に変わり無し

2003.06.21
09:50   有明出航 ディズニーシーが良く見える 海ほたるも・・
      45時間の船旅の始まり
11:00   横浜沖 この先霧が出る 操舵室に御邪魔しレーダー・ナビに釘付け
18:30   奇跡的に御蔵島が見えた デッキに落ちてる飛び魚を発見

2003.06.22
06:00   スミス島沖 今日は1日海の上 
10:30   鳥島沖 この先 聟島列島まで島は無い 飛び魚の群れに驚く
18:30   日没 大海原の夕日も美しい デッキでは飛び魚が大漁だ
      共勝丸で最後の食事 美味しい料理を船員さんたちと合計8食
      ここで食べた この船恒例の集合記念写真。 私の写真も末永く
      残るでしょう
21:20   満天 うしかい座の一等星アークトウルスが天頂に見える。
      おとめ座の一等星スピカも高度が高い。 関東ではこんなに高く
      見えない。 もうちょっとで南十字星が見えるはずだ


45時間の航海で父島に近づく       母島に近づく               展望台へ登る途中で見た「タコの木」
父島へ 母島へ タコの木

鮫ケ崎展望台から妹島を望む
妹島

2003.06.23
06:25   父島着 寄せ書きにあわてて書込み 船員さん ありがとう
07:30   母島行きの 母島丸出航
09:30   母島着 民宿ママヤに荷物を置く レンタバイクで北浜を
      目指すが途中で通行止め
12:00   自炊 今日は夏至 太陽が真上から照りつける
14:20   脇浜海水浴場 熱くてたまらず海に飛び込む さんご礁初めて!
      他は島の男性が2人 登山焼けした私を不思議そうに見ていた
      単独登山者は海岸でも単独だった
16:10   鮫ケ崎 姉島と妹島を望む
17:00   民宿ママヤ着


乳房山を目指す                山頂直下に咲く花             母島のシンボル乳房山の山頂
登山口 山頂直下の花 乳房山

案内盤                   山頂を過ぎてなだらかな稜線を行く     下山は霧の中だけど涼しかった
案内盤 山頂過ぎ 下山

2003.06.24
12:00   午前中ダイビングを楽しみ 乳房山登山口へ
      乳房山は島の名前が「母島」で、そのシンボル的な山だから?でしょう
      全ての植物が本土とは違う ここはジャングルである
      ハハジマノボタンの花発見
14:40   乳房山山頂 まさかの為にテントを持つ 本来テント禁止
      標高463mの標識を紙と鉛筆で型を取る これが登頂証明書
      と役場で引き換えになる 誰にも逢わず。 しかし暑いこと・・・
17:30   ママヤ着 今日の泊りは1人


レンタバイクとははじま丸       南端の小富士から南崎を見下ろす 沖は姉島   小富士から今来たジャングルを見下ろす
レンタバイク 母島最南端 ジャングル

2003.06.25
10:00   島内4ヵ所の海水浴場をレンタバイクでハシゴ
15:40   ジャングルを縦断し小富士・南崎へ 誰にも逢わず
18:40   ヘリポート跡にテント設営 天体写真撮影準備
19:30   南十字星発見!! 夕焼けの中にまぎれもない4つの星が・・
      もう最高にうれし〜い
22:00   テント撤収してバイクで民宿へ戻る

2003.06.26
      午前中ダイビング 午後島内ツーリング 夕方ヘリポート天体観測

2003.06.27
      前日の行動に同じ
      この旅が終わる6月30日が、正式な退職日であること
      翌日から再就職支援会社(再就職予備校)へ通うことなど
      考えながらの1日でした
      天体観測は早めに切り上げ小笠原返還35周年祭に参加

2003.06.28
14:00   母島発
16:00   父島着 小笠原返還35周年祭に参加


父島の中心街                小型ボートに乗換え南島に上陸     扇池を目指して山を越える
父島中心部 南島上陸 南島岳への登り

浦安から来た3人              眼下に扇池が見えてきた      ボートを降りてこの白い山を越えてきた
浦安の人 扇池 南島岳

白いきれいな貝殻がいっぱい落ちている   扇池に近づく            海水に入っている人もいる
貝殻 扇池 扇池

イルカとダイビングしている人たち     父島を離れて東京に向かう
イルカ 父島港

2003.06.29
08:30   民宿トロピカルインパパヤのクルーザーで南島へ 浦安から来た
      女性3人組などと同行 ディズニーランドに勤務しているそうだ。
      南島は小笠原のパンフレットに必ず出てくる海の洞窟がある島。
      白い砂と青い海がとても美しい ボートを降りて50mほどの山を
      超えて下った所にその洞窟・扇池がある
      父島に戻る途中にイルカの群れ発見!  乗客のリクエストで
      イルカと一緒に泳ぐことに・・・最初ただ見ているだけでしたが
      民宿の人に勧められ、また3人組に誘われ私もイルカにつかまって
      ダイビング・・こんな経験も出来ないだろう 登山と両立は無理だ

14:00   父島発 小笠原丸  帰りは客船だが超満員だ。 小笠原村の姉妹
      都市である南アルプス市のご一行様が乗っていた。

2003.06.30
15.30   東京港着 長い旅が終わり、有給休暇も終って会社の退職日。
      明日からは本当に無職となってしまう。


  

Home・・・・トップページに戻る