2009.06  南アルプス南部 長野県側から聖平・茶臼岳2604m・仁田岳2523m

      所持品:ツエルト・シュラフ・食料11食分・水1.5函Ε薀献
          カメラ・携帯電話(圏外だった)

      単独



2009.06.03中央道小黒川PAの設備の良い駐車場           2009.06.04易老度の広い駐車場
小黒川PA   易老度

聖光小屋の立つ便ガ島                          木曽森林鉄道の軌道跡を西沢度まで歩く
聖光小屋   森林鉄道軌道跡

西沢度の川渡用の籠(自分でロープを引けば動く)          これは今の時代を反映した登山標識
西沢度   携帯通話可

聖平の分岐点に到着 小屋まであと5分                 聖平小屋に到着 聖岳山頂が雲で見え隠れする
聖平   聖平小屋

聖平の冬季小屋内 広くてきれいだ
聖平小屋

2009.06.03
19:20   浦安自宅出発

22:20   中央道小黒川PA このPAの奥のほうに、まるでオートキャンプ場のよ
      うな駐車場があり仮眠をとる

2009.06.04
06:45   易老度駐車場出発 ここから便ガ島までは林道を歩く

07:15   便ガ島 ここには聖光小屋があり入浴可 そのほかキャンプ場・自炊
       場・水洗トイレ完備
      この先西沢度まで森林鉄道の軌道跡を歩く 時々鉄道の枕木が見られ
      るものの道の崩壊が激しい

08:40   西沢度 滑車の付いた渡し籠に乗る こうゆう物に子供の頃から乗りた
      かった

08:55   旧飯田営林署の造林小屋 かなり荒廃しており入口の戸は無くなってい
      るけれど、緊急時の宿泊は十分に可能

10:10   このコース一番の難所 しかし谷側にネットが取り付けられて今は安全

11:00   苔平という地図上の地名付近 今日は縦走路に合流するまで暗い登山道
      を歩くことになる ケイタイ可の標識が二つ目 時代を反映した登山
      標識である

13:40   薊平 やっと視界が開け縦走路に合流する 静岡県側は霧のようだ

14:10   聖平小屋到着 21歳の単独の男性が先着していた この人は南アルプス
      南部は初めてと言いますが山をよく研究されていて さながら「若い
      ベテラン」でした 雪の中を約40繕瓩ぅ競奪をしょって北岳を目指
      すそうです (自称マナスルさん)



2009.06.05聖平を出発して約30分 雪の登場              聖平から1時間30分の頃北側の霧が晴れる
聖平→南岳   南岳

ハイマツ地帯が雪一色になってきた                   やがてホワイトアウトに(上河内岳手前にて)
南岳   上河内岳

茶臼小屋前から青薙山方面その奥の富士山は見えず        みぞれの中で頑張っているのは行者ニンニクだけ
西沢度   携帯通話可

2009.06.05誕生日
03:45   起床 朝食

05:45   同泊者 マナスルさんを見送る 聖岳・兎岳・中盛丸山を越えて百間洞
      山の家まで行かれるそうです お気をつけて!

07:00   私は茶臼小屋までなのでこの時間にのんびりと出発

08:30   少し霧が晴れた 一瞬聖岳が見えた これから行く南岳にはタップリ
      雪があるのが判った

09:15   南岳2702m 登山道が完全に雪の下になって判らず 仕方なく稜線上
      を進む

09:40   この頃ホワイトアウトになってしまう 迷わない為に風が強いが稜線
      上を行く 足の裏が濡れと寒さで感覚無くなる

10:00   上河内岳の肩2740m ホワイトアウトから解放されたけれど山頂は諦めた

11:25   茶臼小屋着 ああよかった
      誰もいない小屋で服を全部着替え昼食をとり 持参の日本酒を飲んで
      昼寝をしてしまう
      この日はその後も誰も来なかった



2009.06.06茶臼小屋を出発 今日は暖かい               茶臼岳山頂には立派な標石があった
茶臼小屋   茶臼岳

喜望峰から易老岳の中間は南アルプスの魅力そのもの       易老岳
喜望峰から易老岳   易老岳

道の駅東山郷の温泉施設                         自炊に使ったマナスル社製の石油コンロ
遠山郷の温泉   持参した石油コンロ

2009.06.06
07:20   茶臼小屋発 この先光岳方面は何度も通っている

08:00   茶臼岳2604m 立派な山頂標石が取り付けられた

08:30   仁田池 時間に余裕があるので高山植物の観察

09:15   仁田岳2523m 縦走路の喜望峰から往復30分ほどのピークです
      いつも眺望が良いのに今日はダメ 写真撮らず

11:40   易老岳2354m 昼食 ここから光岳は約3時間 行こうか止めようか
      考えた末、今回は眺望が期待出来ないので分岐点から下山する

14:15   面平 途中に何箇所か平坦な場所があるので 下山に初めて利用する
      人は、面平に着いたと思い何度も裏切られる事になる

15:40   易老度駐車場 最後はちょっと疲れが出た

17:40   道の駅遠山郷に到着し温泉入浴 この温泉は強い塩分を含み飲むと
      おいしいし体にも良い 実はこの温泉も楽しみの一つだった 施設内
      で食事をし 駐車場で車中泊

2009.06.07
04:30   出発 帰路につく

09:30   すいた中央道を順調に走り、浦安自宅に到着