2012.05  福島県 東吾妻山1975m

      所持品:カメラ・携帯電話・食糧1食分

      目的 Г海慮禳箆∧はとても広大な山であり、一度では縦走

          不可能の為、連峰から少し離れたこの山を目指した

      その他:前回の安達太良山から見たこの山が、素晴らしかった

      単独



コース上の山小屋

 酸ヶ平避難小屋
酸ヶ平避難小屋 




  山行き行程

マイカーで浄土平まで行き、姥ヶ原経由で東吾妻山へ。帰りは姥ヶ原・鎌沼・酸ヶ平
経由で浄土平に戻るコースです。


  2012.05.30

登山口にある浄土平天文台 前日磐梯山に登った後、14:25浄土平到着

05:50浄土平出発 この一帯は湿原になっている

   近くに天文台がある そういえば昨夜の浄土平は夜は真っ暗で、
   星が綺麗だった
   先日5月21日の金環食では、この駐車場は賑わったそうだ




雪渓付近 06:20姥ヶ原までの中間点 木道を隠す程の残雪があった
   さすがに吾妻山は、磐梯山よりも標高が高く、かつ北に位置する
   写真は、浄土平を見下ろしています 右は吾妻小富士(1707m)



東吾妻山    目標の東吾妻山が見えて来た こんな「のほほん山」なのに
   沢沿いのコースで雪を踏み抜いたり、コースを外れたりで
   登りは標準タイムの70分増しになってしまった




姥ヶ原 07:00姥ヶ原に到着 ここも湿原になっているが、まだ花の時期ではない

   日当たりが良く雪は無い 尾瀬とはまた違った趣のある湿原のようだ

   


東吾妻山の中腹 07:50姥ヶ原と東吾妻山の中間付近
   足元は、一面汚れた雪で、樹木のまわりだけ雪が無いという非常に
   歩きにくいコース

   何度も雪を踏み抜いて、結構疲れました




東吾妻山→中吾妻・西吾妻    もう少しで東吾妻山山頂
   中吾妻山(1931m)の奥に、連峰最高峰の西吾妻山(2035m)が
   見えている

   霧が出てきて、烏帽子山・一切経山方面は見えなくなってしまった



東吾妻山山頂 08:40東吾妻山山頂

   写真は山頂の南側 山頂のすぐ下は一面の雲海で、気分は最高
   この後、すぐに曇ってしまった

   写真を撮ってくれた、宮城県山元町の30代女性と情報交換
   その人が持っていたスマートフォンの情報では、間もなく雷雨とか
   そりゃ大変だ



姥ヶ原 09:40姥ヶ原に戻る

   霧が深く、幻想的な景色だった
   (写真では上手く表現出来ませんでした)

   下山は、足跡があった事もあり、コースタイムどうりに歩けた



鎌沼 10:10登山道が鎌沼を離れる所

   沼というには広すぎる感じでした
   今年は雪が多かった為に水量が多くて、岸の近くの植物たちが、
   水没してました



11:30酸ヶ平避難小屋を見物してから浄土平駐車場に戻る

15:50浦安自宅着