2014.12  静岡県 天城山1405m

       今日は、クリスマス・イヴ。

       去年のイヴも、山登りしていた事想い出しました。

       この時期は高山には雪が有るから、低山に徹します。
       低山登山も最近は好きになりました。







       

       同行者:1名



  2014.12.24

前日は、仕事から帰宅後、宮城県から来た同行者を葛西臨海公園駅で乗せて、
東名・小田原厚木道路を経由し、小田原PAで車中泊しました。

登山口には、トイレ付の立派な駐車場がありますが、
これは、天城高原ゴルフコースが好意で貸しているものだそうです(無料)。

今日は、最高峰の万三郎岳を登頂してから万二郎岳経由で、
ゴルフ場に戻る、反時計回りです。



09:30 駐車場を出発。

10:07 大木が倒れています(写真)。
ここは、台風が来ると被害が大きかったようです。






10:31 これぞ冬山の証明?
立派なツララが下がっております。

ツララの写真や、霜柱(上の写真)を撮り、
スマートフォンで友人にメールしたり、SNSにアップしたりで、
同行者とのんびり歩いたから、先程の「大きな倒木」が
まだ見える所にいるではないか!!




10:34 時々、このような白い石が見られます。

もしかして、ここがフィリピン海プレートであることの
証明かも知れないと、同行者と話し合う。

地質と地形に興味が有る同行者は、喜んでました。




10:53 ペースを上げて万三郎岳を目指します。

このコースは、ガイドブックでは、大抵が
逆方向(時計回り)を解説しているので、
のんびりしていても、誰も追越して来ません。

計画は、成功したようです。




11:42 山頂目前の北側に、富士山が望めました。

この先、富士山は見えませんが、伊豆七島の眺望に
期待します。




12:02 万三郎岳に到着。

ここは、天城山の最高峰1405m。

山頂には誰もいませんでした。
でも、そろそろ対向登山者とすれ違う時間。




山頂は、まるで公園のような立派な案内図や
休憩スペースが用意されていました。






万二郎岳に向かいます。

写真では判りづらいのですが、
広い登山道の両脇に、ブナ林が広がっていました。






13:11 万二郎岳1299mに到着しました。

さっきの最高峰よりも、こちらの方が山頂らしい趣あり。

ここで、昼食。
同行者は、カップラーメン、
私は、おにぎり2個とサンドイッチ。




14:45 ゴルフ場の駐車場着。

下山して、国道135号から伊豆諸島を望みます。

山中では、樹林で伊豆七島は望めませんでした。
(南アルプスからは見えたのに)




利島。

あの島の山、宮塚山508mにも、行ってみたい。




新島。

この島の山も、宮塚山432mです。




16:11 伊豆大川温泉に到着。

写真は、入浴料600円の露天風呂。

湯加減が最高の、弱塩基性温泉でした。




露天風呂から、伊豆大島。

以前のニュース解説で聞いたことがありました。
伊豆諸島は、日本最大のアルプスで、
山頂だけ海から出ていて、それが島になっていると。

この日は、近所の道の駅にて車中泊。




  2014.12.25

道の駅を出て、天城トンネルに行ってみました。
一番上の写真のとおり、ハイカーの為に、トンネル内に照明があります。

帰路は、年末でもあり渋滞しておりました。

同行者を、東京駅まで送り、



14:25 浦安自宅着。