2014.12  東京・神奈川県境 高尾山599m・陣馬山855m

       今日は、大晦日。

       一昨年・去年共に陣馬山から高尾山への17キロを職場の人と
       歩きましたが、
       今年は逆コース(時計回り)に単独で19キロ進みます。








       

       単独



  2014.12.31

前日、24才の長女を誘いましたが・・・ダメよ、ダメダメ!

大晦日に登山するなんて、よほど山に恋する?夢の旅人でしょうか。

京王線の高尾山口駅を降りて、6号登山道(谷間の滝コース)を登ります。

冬の低山の悩みは、霜柱が溶けて泥沼になってしまう事。
出来れば、早く標高の高い寒い所に到着したかった。



07:45 高尾山口駅を出発。

09:07 最初のピーク、高尾山に到着しました。





09:55 小仏城山に到着。

この様に、大晦日の山中でも売店が営業しています。

名物の「なめこ汁」が、冷えた体を芯から温めてくれました。




11:49 中間地点を横切る送電線鉄塔の作業道で休憩。

それにしても、山中にこれだけ巨大な人造物を、よくぞ作ったものです。
電力会社の人たちには、本当に頭が下がります。

やはり、電気は必要なエネルギー。




13:13 本日の最高峰、陣馬山855mに到着。

先程の、中間地点の鉄塔から間もなく、逆行して来た
職場の人と出逢う。

「なんだ!、やっぱ来てたんだ!」。

職場には、自然を愛する人が沢山いるようです。




クラシックな石油コンロ(マナスル96型」)を組み立てて、
25分かかって500ccのお湯をやっと沸かす。

時折、強風が吹くと、石油コンロが黒煙を上げるから、
コッフェルの底は黒くなり、お湯がなかなか温まりません。

現在(2014.12.31)販売休止中の、ペヤングソースやきそばを
食べるつもり。
景色も良好で、最高の気分です。

ペヤングソースやきそばは、やっぱり美味しかった。




西側は、晴れてきました

奥秩父に続く稜線です。

神奈川県・東京都にも、こんな自然が昔から有ったんです。




南アルプス方面。

霞がかかり、写真には良く写りませんでしたが、
私の得意な南アルプスの稜線は、たやすく山座同定・・・?
・・・という訳には今回は行きませんでした。




13:25 高尾駅行きバスが発車。

山中で途中から同行した新しい仲間と、車内宴会を楽しむ

18:25 浦安自宅着。