2013.07  南アルプス 笊ヶ岳2629m

      南アルプスの農鳥岳以南の、白峰南嶺と言われている山域は
      避難小屋さえ無く、水場も限られている

      以前、この山域は青薙山にも登ってますが、カメラを
      持たなかった事を後悔しています。

      同行者1名

    


  2013.07.22(1日目)

前日は勤務先から新東名経由で、井川ダムへ(マイカー内泊)
当日はまず、畑薙発電所入口の駐車場から、東海フォレストのリムジンバスに
乗り、二軒小屋へ

午前9時半に二軒小屋に到着する為、近隣を散策する予定を立てていた


畑薙発電所の駐車場(無料)

以前、駐車場内で、当て逃げされた事があるので、
なるべく奥に駐車した




08:00東海フォレスト(地主の子会社であり山小屋経営会社)の
リムジンバスに乗る

同社経営の山小屋利用者は無料で乗れる
(乗車時に宿泊代の内金として3,000を支払う)




08:26バスの車窓から見る大井川の流れ

バスは椹島まで走り、その先は四輪駆動車に乗換えて
二軒小屋まで送っていただいた




10:17二軒小屋のすぐ上流にあるダム湖
青くて綺麗でした

今日は、山には登らず大井川西俣・東俣を
散策してみた




西俣林道

この様に、立派な車道が走っている

見たかったリニア新幹線のトンネル工事がこの先で
行われるように聞いていたが、
今は、工事準備の事務所だけ建設されていた




これも、フォッサマグナの断層だろうか

もしそうならば、右が北米プレート(硬い粘板岩)
左がユーラシアプレート(普通の土)

同行者も地質に興味が有るので、ここまで来てみた




14:36二軒小屋に戻る

写真は、3階建ての二軒小屋ロッヂ
(完全予約制・入浴可)






二軒小屋ロッヂの2階ベランダ

昭和50年築であるが、綺麗である





  2013.07.23(2日目)

いよいよ今日から登山開始
二軒小屋から転付峠に登り、南下して天上小屋山・生木割
を縦走し、どこか適当な所でツエルトを張るつもりで出発


05:40出発

写真は、二軒小屋の登山小屋で、こちらは自炊専用

この小屋に宿泊の場合は、車での送迎はなく椹島から歩くのみ




05:58歩き始めは、こんな感じの登山道

その後も転付峠までは、良く整備されていた
登山道に、1/13から13/13まで標識があって
周囲の樹木を解説していた




08:22転付峠に到着

ここには林道が通り、地主の特殊東海製紙の車両が見られた

ここに荷物を置いて水を汲みに行く




山梨県側に10分下った所にある水場
(後日、同行者から写真をいただく)

7ℓの水を確保して来た道を戻る




09:00二軒小屋の朝食用お弁当

09:25少しのんびりしてしまったが、
転付峠を出発




11:55保利沢山のトラバース道にあった標識

この標識は時々見られた

尚、保利沢山の昔の名前は「上の切」




12:00保利沢山トラバース道は、歩きやすく快適






12:19右に赤石岳、左に聖岳が見られた




12:36保利沢南コル

右に悪沢岳、左に赤石岳を見ながら食事をする




14:30天上小屋山

ラジオで、東京が雷雨であると聞いたので
妻にメールををしてみた
浦安は小雨であるとの事

予定より1時間半遅れているので、今後の休憩は
短くすることで同行者と合意




15:38生木割2539m

ここもテントに適しているが、もう少し先に進む

まだ、雨は降りそうにない




16:05偃松尾の肩

ガレ場はやはり危険なので、面倒でも上方の樹林を行く




ガレ場から、初めて、目指す笊ヶ岳が見えた






16:35偃松尾南のコル到着
今日はここで、ツエルトを張ることにした

17:05設営完了
適当な張り方でしたが天候は良好
でも狭くて寝るのが大変そうだから、考えた末
荷物は外に出して同行者のツエルトで覆った

尚、ガイドブックや、昨年ここを歩いた人の
ホームページを見ると、「←水場」の標識が有ると
書かれていたが、探しても見当たらず
今回は、水は充分持ってきた





  2013.07.24(3日目)

偃松尾南のコルから笊ヶ岳に登頂し、少し戻って
椹島下降点から椹島に下山するコースです


07:04椹島下降点

ここに荷物を置いて、笊ヶ岳を往復するのだが・・・
何と何と!激しい雨が降ってきた
朝なのに夕立・・・
これから今回のハイライトなのに・・・

泣きたくなるも、同行者と士気を高めあって
さあ出発




07:46待望の笊が岳山頂2629m

カメラは聖岳・上河内岳方面に向いている





笊ヶ岳から塩見岳・北岳方面

何も見えませんネ

写真では解りづらいですが、雨が激しく降ってます
すぐそばの小笊さえも見えませんでした




10:00上倉沢の源流

写真の対岸にキャンプ地のような草原があります
水場は期待しない方が良いでしょう




上倉沢からトラバース道に乗るところ

一応リボンが付いているけれど、解りずらかった
近くにある大きな石に書かれた矢印は、もっと下流を
指しており、その先にもリボンがあったから、そちらに
進んでしまい、20分のロスタイム

笊ヶ岳方面から下山の場合は、少し上流を進むべし




2つ目の沢

登りの場合は5つ目の沢になる
雨は小降りになって来たけれど、
各沢を渡る度に、急下降・急登が有って
滑りやすくて怖かった




トラバース道には、6つの沢だけでなく
こんな感じの悪路や、倒木くぐりが多数ありました




15:40無事に下山

後は、林道を15分歩けば椹島




まるで事務所のような椹島ロッヂであるも
快適です(入浴可)






最終日は、東海フォレストのリムジンバスで、マイカーの待つ
畑薙の駐車場へ行き、新東名経由で
16:13浦安自宅着

  同行者の仕事は、鉄道会社勤務


今回は、同行者にペースを合わせた

お陰様で筋肉痛は無かった