2013.08  栃木県 那須岳1917m

      那須火山帯を代表する活火山
      茶臼岳・朝日岳・三本槍岳の三山を総称して那須岳と呼んでいる

      宿泊した三斗小屋温泉は、会津藩の古い温泉

      単独

    


  2013.08.16(1日目)

前日は勤務先から帰宅後、車道の終点峠の茶屋へ(マイカー内泊)
1日目は、峠の茶屋から峰の茶屋跡・朝日岳・清水平・三本槍岳と縦走し
予定を変更して大峠経由で、三斗小屋温泉へ



07:00峠の茶屋を出発して最初に眺望が開けるところ

樹林帯が切れて火山礫の道になる
稜線の峰の茶屋跡に避難小屋が見えている




07:37峰の茶屋跡に到着

強風で有名なところであるも、今日は快晴でそよ風

写真は進行方向の朝日岳と、手前の剣ヶ峰




08:33最初の山頂 朝日岳1896m

朝日岳から、茶臼岳と、その山腹に付けられた通って来た登山道




08:41朝日岳から、三本槍岳1917m(左奥の丸いピーク)
中央奥の三角のピークは、福島県の赤崩山(旭岳)1835m

この頃から、早くも嫌な雲が湧いてきた




08:42朝日岳から、日光連山方面と、
歩いて来た稜線

透明度が下がってしまいました

朝日岳には多くの登山者がいましたが、8割の人は
ここで引き返しました




09:15熊見曽根の分岐から流石山方面

予定では、三本槍岳からここまで戻り、三斗小屋温泉に
向かうつもりだったけれど
写真右端の尾根を下って大峠まで行くことになる




09:32清水平に咲いていた黄・白・紫の高山植物の花






10:13三本槍岳到着 山頂は福島県にある

ここで昼食を含め、50分の休憩

朝日岳から三本槍岳までの間に、約30人とすれ違った
大峠方面は、私の他は2人先行しているという情報を得た

空に雷雲が立ち込めて来たので、歩いて来た稜線は避けた




11:18下山途中で三本槍岳を振り返る

とてもさわやかな道だった




12:24大峠到着

江戸時代から歩かれていた峠だと聞いていた




14:35三斗小屋温泉に到着

到着2分前に夕立がやってきた 何とかセーフ

旅館と書いてあるが、歩いてしか来られないから
山小屋の様なもの

夕食は16:30からで、翌日の朝食は06:00から
これも山小屋並の時間だった




21:43露天風呂に行ってみた







  2013.08.17(2日目)

三斗小屋温泉から茶臼岳に登り、下山する


08:50昨日も歩いた峰の茶屋跡

今登って来た途中にも避難小屋があった
(写真の樹林の中)




目指す茶臼岳は活火山




09:41茶臼岳1915m

今回の最後の山頂なので、のんびりしてから下山