2014.08  山梨県 瑞牆山2230m・茅ヶ岳1703m








      昨年11月に、転落してケガを負った山に再挑戦!

      単独

 


  2014.08.20(1日目)

前日、勤務先から帰宅し、中央自動車道経由で、登山口のみずがき山荘駐車場を目指す。
出発時は快晴で、体力消耗するも、登山日和だった。
今日は、瑞牆山を登頂し、増冨ラジウム温泉に入浴



06:15 登山開始。

07:12 目指す瑞牆山が、朝日に輝いています。

それにしても、白い岩峰が「牙」の様に威嚇しているようです。




07:34 富士見平小屋到着。

この山小屋には、去年の11月に大変お世話になりました。

転落してケガをした為、やっとこの山小屋まで辿り着き、
ケガの応急処置をして頂きました。




08:20 山頂が見えて来たぞ!

やっぱり、異色の山の様です。






08:43 天鳥川源流を横断。

写真では見ずらいのですが、透明な清流がとうとうと
流れています。

昨年の11月、この先の岩場で転落し、ケガをして、
約2時間痛みに耐えてうずくまり、
その後引返しました。

コースタイム30分の所を3時間掛けて、
先程の富士見平小屋に辿り着きました。




08:58 瑞牆山で一番大きな岩峰「大ヤスリ岩」が
真上に迫って来ました。

ちょっと怖い感じです。

NHKのラジオが、高校野球の中継を中断して、
広島市の水害の中継を始めました。

広島県には、親族・友人が7人居ますので心配です




09:10 危ない所にはちゃんとクサリがありました。

昨年11月は、このクサリに頼って転落した
(もちろん自分が悪かった)から、今回クサリは
握りませんでした。




09:28 瑞牆山(みずがきやま)2230m山頂に到着。

南アルプスや、八ヶ岳・浅間山・富士山が
はっきり見えています。

特に、南アルプスを、違う方向から見られて感激です。




瑞牆山から八ヶ岳。




瑞牆山から金峰山




瑞牆山山頂付近は、この様に花崗岩の岩峰が
いっぱいありました。




先程下から見上げた「大ヤスリ岩」です。

山頂に登るより厳しいですネ。




北アルプス方面は、何となくしか分かりませんでした。

送電線鉄塔が見えますが、これは新潟の原発から東京への
送電線です。




南アルプスの鋸岳蕁,ら北岳茵,見えています。

いつ見ても綺麗な山脈です。





  2014.08.21(2日目)

今日は、登山口の深田記念公園に車を置いて、
女岩経由で茅ヶ岳山頂へ。
下山は、尾根道経由で深田記念公園に帰る周回コースです。


06:05 駐車場を出発。

06:11 せっかくなので、深田記念公園(写真)に寄って見ました。

この先の女岩までは、緩い登りの谷間を行きます




07:22 女岩。

2014年現在、女岩付近は落石の危険があります。
(立入禁止区域)

しかし、この山域唯一の水場である為、
事故責任=自己責任で水汲みし、この場所で
朝食を自炊しました。

深い樹林の谷底で、盛夏でも涼しい別天地だった。




先程の女岩からは、一転して急登し、稜線を目指す。
風が、「そよ」とも吹かない、厳しい暑い登りです

08:49 深田久弥記念碑付近。

記念碑は、50冂の綺麗な石塔です。 ここで、やっと視界が開けます。
写真は、金峰山方面。
見る見るうちに、雲が消えていきます。

山頂での眺望に期待が持てました。




08:54 茅ヶ岳1703mに登頂。

前回の登山(妙高山・雨飾山)が、大雨で断念したから、
本当に今回は嬉しかった。

写真は、茅ヶ岳山頂から隣の金ヶ岳方面。




茅ヶ岳から、八ヶ岳方面。






茅ヶ岳から、南アルプス方面。






茅ヶ岳山頂には、こんな立派な方位盤が有りました。

周辺の、南アルプス・秩父山地・八ヶ岳が、
ミニチュアで本当に解りやすい方位盤でした。






帰路は、道の駅韮崎の温泉に入浴し

16:50 浦安自宅に到着。