2015.04  東京都 馬頭刈尾根・大岳山1266m・御岳山929m・日の出山902m

       東京の奥多摩はこの時期、雪無し・混雑無し・眺望良し。
       毎年の事ながら、東京にもこういう所が有るんだという
       感動を持ち帰ります。









       今回は、武蔵御岳山にある宿坊(山小屋ではありません)に
       1泊する贅沢な登山にしてみました。

       単独



  2015.04.14

JR武蔵五日市駅からバスにのり、「軍道」下車。
小宮小学校〜馬頭刈山〜大岳山〜鍋割山〜御岳山と歩き、
御岳山山頂付近の、駒鳥山荘に宿泊します。



08:40 武蔵五日市駅に到着。

奥多摩方面は毎年来ていましたが、
この駅に来たのはおそらく大学生の時のクラブで
キャンプをした時でした。

想えば、少なくとも35年も前の事です。




09:19 軍道バス停にある小宮小学校跡。

普通、学校が有れば〇〇学校前というバス停の名前なので、
不思議に思いましたが、「小学校跡」でした。

都心より2週間遅れの満開の桜が、今はNPO法人事務所になった
校舎に彩りを添えていました。






この山域一帯は、信仰の山のようで
この様な神社が山中に多く存在しております。






10:00 舗装道路が終わって、ようやく登山道らしくなる。

でも、天気予報どうり雨が降ってきました。






杉など、針葉樹の巨木の森に到着。

たぶん晴れていても暗い森の中を、
口笛を吹きながら登り続けます。
今日の口笛は、「六甲おろし」にしてみました。




10:50 馬頭刈山884mに到着。

この山は、馬頭刈尾根を代表する山であり、
眺望も良好と、ガイドブックには書かれていました。






11:35 すぐ先にある鶴脚山916m。

食事をしたい時間であるも、雨なので先を急ぐ。
この先にあずまやのある、富士見平で食事をしよう。





13:50 富士見平。

ここで、コンロを出してラーメンを食べる。
寒いけれど体がやはり温まります。
水さえあれば、ラーメンは山の昼食に最適なのです。

今回は、水1リットルと日本酒1リットルを持参しました。




大岳山荘跡に到着。

廃業してから何年なのかは解りませんが、
素泊まりで宿泊出来る無人小屋としては使えそうです。

トイレが良く整備されています。






14:45 今回の最高峰、大岳山1266mに到着。

晴れていれば、富士山・丹沢・都心の風景が満喫でき、
食事をする人で賑わうはずであろう。




大岳山山頂三角点。

確かに、ここは東京なんです。
だけど、雨が多いからなのかなぁ?
東京を12キロメートル歩いたのに、
人っ子ひとり出会いが有りませんでした。(笑)





  2015.04.15

天気予報を裏切って、今朝は快晴に!!
でも、お昼から雷雨らしい。

今日は、駒鳥山荘〜ロックガーデン渓谷〜綾広の滝〜駒鳥山荘に戻って
日の出山〜つるつる温泉〜武蔵五日市駅




05:55 駒鳥山荘から都心方面です。

条件が良ければ、房総半島が見えます。




08:35朝食を頂いて、駒鳥山荘を出発。

ホームページでは宿坊と書かれてましたが、
旅館です。

宗教行事に参加する事もありませんでした。




ロックガーデン渓谷の入口。

外国語の名前は違和感ありました。
宿の人に聞いたら、観光客の7割が外国から来られた
お客様なのだそうです。

この場所の本当の地名は「岩石園」。




綾広の滝。

滝らしい滝に出会いました。

この後、宿泊した駒鳥山荘に 10:15に戻ります。




日の出山902mに到着。

今回の最後の山頂でしかも快晴。
当然、ゆっくりして景色を堪能しました。






日の出山から武蔵御岳山方面を見てます。

あんなに狭い山頂に、旅館・宿坊・ホテルなどがひしめいています。
青梅市に属しているようです。






日の出山からの眺望は、増々良好。

雲取山・飛龍山が見えて来ました。
だけど、雷雨の予想をラジオが相変わらず警告




帰りの電車の中で。

あ〜ぁ。きっと山は雷雨になちゃった。

浦安自宅には、いつもの通勤時間に到着しました。
二日間で22キロ歩きました。