2015.05  南アルプス深南部 寸又峡温泉〜前黒法師岳1943m〜黒法師岳2067m






      所持品:テント(2人用)・シュラフ・コンロ・食器一式・食糧10食分
          ・水2ℓ.日本酒2ℓ・カメラ・携帯電話 他

      単独

      雪は消えていましたが、そのかわり雪に解放された笹が立ち上がり
      背丈程になって苦労しました。

      車を手放した為、公共交通機関利用です。




  2015.05.19

早朝に自宅を出発して、JRの在来線・大井川鉄道経由で寸又峡温泉の民宿に宿泊します。



大井川鉄道のSL列車を利用しました。
今回は、目的地までの行程も楽しみます。




SL列車は、旧国鉄の客車を利用しています。

SLの燃料である石炭は、昔の石炭とは違い人体に無害のものを
利用しているとの事。
トンネル内も、窓を開けて列車は走ります。




14:37 寸又峡温泉に到着しました。

時間が早いので、近くの河原を散策し、
町営温泉「美人の湯」に入りました。




民宿は、私ひとりの貸切でした。

夕食にイノシシの肉など、珍しいものがたっぷり出てきて、
感激です。

宿泊施設:ペンション寸又峡





  2015.05.20

寸又峡温泉を早朝に出発し、前黒法師岳を超えてヘリポート跡まで行きます。



05:10 寸又峡温泉を出発。

天使トンネルと呼ばれています。
昔、鉄道が走っていました。

近くに「夢の吊橋」など観光スポットがあって、週末は賑わう所です。




05:55 飛龍橋に到着。

この橋も元は鉄道橋で、大井川鉄道井川線の支線が走っていました。




06:10 前黒法師岳登山口。

この山域全体に言える事ですが、稜線は比較的なだらかですが、
尾根に登るまでの斜面が急傾斜です。

登山口付近の道は崩落して、狭く急傾斜で危険でした。




06:50 湯山集落跡。

今はこんな山奥に! と、思いたくなりますが、
水と食料さえあれば人間は生きられるはずでした。

現代人は、娯楽を求めて下界に去って行きました。




08:05 ここで昔の林道に出会います。

写真は、朝日岳1827m
前黒法師岳・沢口山とともに寸又三山です。




林道の法面に綺麗な地層が見えますよ。

これぞ南アルプスが大昔は海底だった証明!




09:30 栗の木段に到着。

ここで、やっと尾根に乗りました。




11:40 白ガレの頭

想い通りのコースタイムを取れていません。
今後、年齢を考えた荷物量にしまければならないなぁ。




やっと眺望が得られた! 板取山が見えてます。

ここ白ガレの頭で、食事をします。
本当は、前黒法師岳で食事をする予定でした。




14:04 前黒法師岳に到着。






今年最初の本格的な登山につき、体が思うように動きませんでした。

30分の長めの休憩をし、25000分の1地形図を良〜く見て、
下るべき尾根の特徴を確認した。

それでも、平行する北側の小尾根に入ってしまった。
赤リボンに惑わされたためだ。

目指す尾根は、黒法師岳方面に連なっているが、樹林帯なので、
眺望が無く判らなかったのだ。(幸いロスタイム20分で済んだ)
頼りになった物は、磁石でした。磁石さん有難う。




15:22 今は廃道になった営林署(森林管理署)の林道に到着。
振返れば、超えて来た前黒法師岳が見えている。

あちこちに動物の骨が散らばっていたが、気にせず残り900mの林道を歩く。




林道から、明日登る黒法師岳2067mを望む。






林道の標識。

ここに車道を切り開いた人たちは、本当に大変だった事でしょう。
残念ながら度重なる土砂崩れの為に、補修の甲斐なく、
この林道(約60キロメートル)は、完全に通行不能。




16:10 ヘリポート跡。

南側が開けており、南向きにテントを張る。夜間の天体観測が楽しみだ。




300m程林道を南へ(街のほうへ)歩けば、水場があります。

この沢をもっと下れば、水量の多い所が見えてます。ただし、急斜面。

この場所でも、10分あれば2リットルの水が確保出来ました。





  2015.05.21

ヘリポート跡にテントを張ったまま残し、軽量化で黒法師岳を目指します。
余裕があれば、丸盆岳まで行ってみたい。



05:30 ヘリポート跡を出発。

やはり自分ひとりだった。
深夜0時から降り出した雨も、すっかりやんで、さわやかな朝でした。




ここだけズームアップ!

南アルプスの主峰が見えました。
左から、光岳・聖岳・上河内岳。

右端は、笊が岳かも知れません。




08:05 思ったよりアップダウンがあり、この時間でやっと
黒法師岳の登りに入ります。






08:52 こんな感じで急斜面の笹原を登ります。

正直なところ、どこが道なのか判りません。
ただひたすら、笹の短いところを選んで登るのみです。






09:35 黒法師岳2067mに到着です。
とりあえず、今回の目的地に到着しました。

あの笹原も、少しずつでも前進すれば、山頂に立てたんです。




天気は最高です。
しかし、誰にも逢いません。

平日だから、若い人は皆仕事を頑張っているのでしょう。
定年退職者には、過酷な山域である。




少し時間が有るので、丸盆岳のほうに散策してみよう。

丸盆岳は、黒法師岳より1mだけ低い2066mの山。
その手前の「カモシカ平」が素晴らしいところだと、ヤマレコ会員が
口を揃えて投稿していた。




10:45 写真は丸盆岳。

行きたかったけれども、最低鞍部付近から引返します。
丸盆岳手前に見える平地が、カモシカ平なのでしょう。




最低鞍部から北西方面です。

人気の池口岳がちょっとだけ見えます。




最低鞍部1860m付近から西側です。

御嶽山には、登山禁止解除になれば登ってみます。
3000m峰で未登頂は、御嶽山3067mと前穂高岳3090になりました。




11:05 少し戻って南側です。

去年登った「本邦最南端の2000m峰」であるバラ谷山2010mです。




11:34 ここは静岡県。静岡というと、海辺の県というイメージですが、
山林面積は広大です。




時間があれば、左にも行ってみたかったけれど・・・




11:40 黒法師岳に戻って来ました。

話題の×印三角点です(普通は+印)。
おそらく、林野庁の林班境界標石を代用したのでしょう。




黒法師岳で1時間位のんびりして、テントのあるヘリポート跡に
戻ります。

途中のガレ場に、アカヤシオの花が咲いていました。




14:40 ヘリポート跡に戻ります。

テント1000張位の広さに、今日も自分ひとりです。
結局、2泊3日の間、人には逢いませんでした。




テントの中で、日本酒を飲みながら休憩中。

何という喜び、何という贅沢。
たぶん、半径10キロ以内には、人間は私ひとりだけ・・・。





  2015.05.22

今日中に下山し、温泉に入ってから浦安自宅に帰ります。



01:30 起床
02:15 食事
04:10 テントを撤収して出発。

04:50 動物の骨が散乱していた場所。
なるべく見ないようにして通過。

06:20 前黒法師岳から南部を望む(写真)。




07:49 イワカガミの群生地。

寸又峡温泉の人の話では、ここで引返す人も多いとか。




09:10 湯山林道。

この林道も、歩行者ですら通行不能の程、荒廃しています。

下山中は、帰りのバスの時間を気がかりに歩いて来ましたが、
この時点で、目的のバスに乗れる確信が持てました。




寸又峡温泉の町営露天風呂(400円)。

観光案内やネットでは、「美人の湯」として紹介されています。
泉質は強アルカリ性で、温泉自体が石鹸を含んでいるようです。
石鹸は使わない方が良いでしょう。




13:52 アプト式で有名な大井川鉄道の井川線に乗車。

時間の都合で、アプト式区間は乗車出来ませんでしたが、
静岡市に住んでいた時は、良く乗りました。

一番後に機関車が付いて、後ろから押しながら走るんです。




大井川鉄道の車窓から、大井川の流れ。

この鮮やかな青色は、チンダル現象なのだそうです。
高校の化学で習いましたが、光のいたづらだったかな・・・。






付録です。

下山中に見かけました。
「ケータイokケータイ」 と書かれています。

これは、ここだけケータイが通じるという、登山者へのサービスだけでなく、
地元の山岳会が、人命救助において緊急連絡するための目印です。

現代的な登山標識ですね。






帰りは新幹線に乗って、浦安自宅には、いつもの通勤時間に帰宅しました。


過去に4日間、誰にも逢わない登山を経験してますし、ラジオで人の声を聞いているから

寂しくはありませんでした。

一方で、途中に山小屋は無く、エスケープルートどころか、登山道そのものが無い
今回のコースは、もちろん真剣勝負。

さすがに雪は無く、生息数の多い「ヤマビル」はまだいない。

だからこそ苦しくも楽しい登山でした。