2015.07  山形県 鳥海山2236m・月山1984m






      所持品:コンロ・食器一式・食糧2食分
          ・水1リットル用ボトル・カメラ・携帯電話 他

      単独

      梅雨末期に2日間晴れましましたが・・・
      最終日は大雨でした。

      行き:夜行バス利用(東京〜酒田)
      各登山口まではレンタカー利用
      帰り:JR利用(酒田〜舞浜)




  2015.07.20

東京駅を夜行バスで出発して酒田へ。
今年の9月までの限定で、夜行バス利用者は、
レンタカーを2割引きで借りられます。




  2015.07.21

今日は、酒田でレンタカーを借りて鳥海山の登山口のひとつ、象潟口(鉾立)へ向い、
山頂付近の所有者である大物忌神社が経営する山小屋に宿泊します(2食付7560円)。

鳥海山の登山口は他に、矢島口・湯ノ台口・百宅口などがあります。



鳥海山を目指します。

レンタカーで象潟口の鉾立駐車場に到着。
酒田からここまで、バスは片道3000円だから、
バスに比べて割安ですし、時間に縛られないのが良い。

09:20鉾立を出発。






御浜小屋まではこんな感じの遊歩道の様な道です。

途中に、唯一の天然の水場である賽の河原で休憩しました。




11:52御浜小屋に到着。

写真は鳥海湖。
この付近は、ニッコウキスゲなどの花の宝庫!

お昼の時間なので、多くの登山者はここで食事をして引き返すようだ。
山頂まで日帰りで行く人は、5時頃に登山を開始し、
山頂で宿泊する人だけが、この時間でも登って行く。




御浜付近に咲くニッコウキズゲとヨツバシオガマ。




12:47扇子森という、こんもりとしたピーク。

午前中は濃霧、午後は雷雨という予報が見事に外れた。
でもまだ油断してはいけない。
AMラジオを聴きながら雷雲が近づいているか確認しながら歩く
雷雲が発生するとラジオに雑音が入るからだ。




13:31七五三掛付近。

チョウカイアザミ発見。
花の時期は少しすぎたのでしょう。




14:01千蛇谷の雪渓を横切ります。

この後、雪渓を2箇所横断することに。




鳥海山山頂(新山)2236mが近づく。





頂上小屋に宿泊手続きを済ませ、先に難易度の高い外輪山の最高峰
の七高山2229mを目指そう。




右が七高山、左側は新山。






16:18七高山2229mに到着。

最高峰の新山2236mとは、わずか7mの差である事と、
三角点はここにある為に、
こちらを鳥海山山頂とする登山者が多い。




外輪山下山途中に見る新山。

新山には明日の早朝に登ろう。
たとえ雨でも頑張ろう!





  2015.07.22

今日は鳥海山を下山し、道の駅象潟で温泉に入ってから、名物の岩牡蠣を食べ、、
月山8合目から佛生池小屋(2食付8500円)まで歩く予定です。



04:45鳥海山の最高峰に到着。

ちょっと霧が深く眺望はないけれど、
来ないと後悔しそうだから来ました。




30分待ってみたけれど晴れないから、小屋に戻ろう。




山頂小屋の周りに多く見られるチョウカイフスマの花。

この植物も、チョウカイアザミと同様 この山の固有種だろう。

朝食後、06:05下山開始。






賽の河原まで下山。

ようやくスマホの電波が通じたので、
家族・登山仲間・mixiの仲間と通信をする。

ところで、スマホは山ではあまり役に立ちません!
やはり都会向きの通信機器でしょう。
なぜなら、普通の携帯電話ならば「つながる」場所でも、
スマホにとっては電波が不十分のようで、
会話もメールも出来ませんでした。




下山後、道の駅象潟に寄って見ました。

車を持たない人が、こんなふうに立寄り出来るのも、
レンタカーの良いところですね。

写真は、4階にある望海温泉です。




これぞ、鳥海山の恵「岩牡蠣」です。

夏山シーズン中は、鳥海山付近の海では、岩牡蠣の
シーズンでした。
伏流水で育ったミネラル豊富な岩牡蠣を食べることで、
海を通じて鳥海山の恵みを味わえますよ。

温泉と食事を楽しんだところで、月山に向かおう




14:45月山8合目到着。

15:50夕立になってしまう。

16:15佛生池小屋(9合目)に到着。

この小屋も予約が必要だったけれど、
宿泊は私ひとりだった。

でも、食事は美味しかった。





  2015.07.23

今日は月山の山頂に立ち、下山後、酒田でレンタカー返却。
JRの陸羽西線・山形新幹線で帰宅します。



早朝、雨の音で目をさまします。
今回は、雨・雨・雨。

今日は帰らなければならない。
朝食をいただき、04:45出発。




06:10山頂の月山神社に到着。

この月山も、山頂付近の所有者は神社でした。
御払いをしないと山頂に行けないという事で
止める事にした。私有地だから仕方ないでしょう。




月山山頂小屋で一休み。

小屋の人がいい事を教えてくれた。
神社の向こう側から登山道があって、
山頂に行けるそうである。

後悔しないように、行ってみる事にした。
ありがとう!




06:25月山の山頂1984mに到着。

この時は、何も見えず、大雨強風だったので、
感動は無かったが、想い出に残る事でしょう。




晴れそうにないですね。




もうすぐ駐車場のあたり。

月山では、写真は山小屋と三角点しか撮らなかった
ので、一枚だけ撮ってみました。
山はみえませんねぇ







帰りの陸羽西線の窓からは、真っ黒に増水した最上川が
見られました。

新潟方面の羽越本線は、ダイヤがみだれていたようです。