2015.08  北アルプス南部 前穂高岳3090m・奥穂高岳3190m・涸沢岳3110m






      所持品:コンロ・食器一式・食糧4食分
          ・水2リットル用ボトル・カメラ・携帯電話 他

      単独

      今回、前穂高岳に登頂出来たため、残る3000m峰は・・・
      御嶽山3067mのみになりました。

      行き:JR・松本電鉄バス利用
      帰り:同上




  2015.08.16

JRの特急あずさと松本電鉄・同電鉄バスで、上高地に向かい、
岳沢小屋に宿泊します。



12:17上高地を出発し、今日は岳沢小屋を目指します。

写真は、観光ポスターで有名な河童橋から見た穂高連峰の
吊尾根ですが、このホームページには似合わないので、
奥穂高岳方面を拡大して掲載しました。





今日は暑い。
本当に涼しくて有難いところ。

穂高岳山荘の診療所で働いていた女子大生の方々が、
先着していた。
診療所は交代勤務で、無事に勤務を終えて下山中との事。
高山病の患者が多かったそうです。




15:25岳沢小屋に到着。

今日は暑くてバテ気味です。




岳沢小屋からみる霞沢岳2646m。

いわゆる「常念山脈」の最南端が、この霞沢岳だ。







  2015.08.17

予定では穂高岳山荘まで行きたかったけれど、
登山道が滝のようになっており、停滞を決める。

今日ここに泊まる事で、最終日の槍ヶ岳を諦める。



前穂高岳方面登山道。

このままでは、登ることも下山も無理でしょう。





  2015.08.18

紀美子平に荷物を置いて、前穂高岳を往復し、
奥穂高岳を超えて、穂高岳山荘に宿泊します。



05:40岳沢小屋を出発。

昨日、滝のようだった沢を渡ると、テント場があり、
紀美子平方面を見上げる事が出来る。

今日は行けそうだ!




2200m付近のお花畑から、岳沢小屋を見下ろす。

頻繁に休憩しながら登って行きます。




06:41一方通行区間。

一方通行ということは・・・・
やはり大岩・一枚岩などが有って、難所でした。




少し高所恐怖に慣れてきましたが、
途中では休めないだろう。





07:30岳沢パノラマ着。

明神岳2931mが、まだまだ高い!




紀美子平直下のスラブ状の岩場。
ガイドブックやヤマレコを見ると、一番の難所がここ。

ここで、過去に何度も転落事故が起きている。

ちょうどその時ラジオから、昨日穂高連峰の涸沢槍で、
24才女性が転落したというニュースが流れた。

私が明日通る涸沢槍であります。




08:40紀美子平に到着。

リックサックが7つほど置いてある。
水を飲み息を整えて、軽量になり出発。

ちなみに、紀美子とは実在人物で、
この登山道(重太郎新道)を建設した人の娘なのだそうです。




奥穂高岳に続く吊尾根の稜線が低くなってきた。

周囲を見回すと、雲が下に見えている。




09:21前穂高岳3090mに到着。

涸沢からの霧が深く眺望はないけれど、
今回の最大の目的地だったので、
ここで霧が晴れるのを待つことにした。

前穂高岳に登れたことによって、3000m峰で残るは、
御嶽山3067mのみとなりました。




40分待ってみたけれど晴れないから、紀美子平に戻ろう。

先程まで、たったひとりの寂しい山頂でしたが、
大勢の登山者が辿り着いてにぎやかです。
私は、にぎやかの方が北アルプスの山頂らしくて
好きです。




紀美子平で食事を済ませて出発。

写真は、吊尾根の最低鞍部付近。
後ろから女性2人が歩いて来たから、
お陰様で、道の様子が写真でもわかり易い。




最低鞍部からはこの様な登りが続く。

奥穂高岳山頂手前の「南稜ノ頭」までの登山道は、
終始岳沢側のまき道ですが、このあたりで、
涸沢側の眺望がありました。




その、涸沢側の眺望。

霧が薄くなってきました。
前穂高岳北尾根が望めます。




涸沢カールの2二軒の山小屋が見えています。

両方とも一度づつ宿泊したことが有りますが、
明日はどっちに泊まろうか?




山頂手前の「南稜ノ頭」の直下。

はじめて来る人で、地図を見ないで歩いた人は、
この峰を奥穂山頂だと想う事でしょう。

しかし、写真のように、長い長いクサリ場が待っていた。




12:27山頂が見えて来た。

どうやら左奥が本当の山頂のようです。




奥穂高岳3190mと書かれています。

石を積んだその上に、神社があります。
前回登頂した30年前にはありませんでしたが、
物の本によれば、南アルプスの北岳3192mを
抜いて第2位に上がる為であるとか?

確かに神社のてっぺんは、3193m位になっている
はずです。




奥穂高岳山頂から、涸沢岳3110m。

涸沢岳の向こうに槍ヶ岳3180mが見えるはずです。
遠望は、明日の楽しみに取っておこう。

14:00なかなか霧が晴れない。70分間のんびりしてたら、
他の登山者がいなくなった。




今日の宿泊地、穂高岳山荘が見えた。

でも、この先急下降の岩場とハシゴ場あります。





岩の間のイワギキョウ?。

やっと花の写真を撮る余裕が出てきました。





14:35穂高岳山荘に到着。

とても大きな、綺麗な山小屋です。

風力発電の風車がヘリのプロペラのように勢いよく回転し、
太陽光パネルが「真っ黒に」輝く、山上の発電所です。
自然エネルギー発電こそ、最も山小屋に似つかわしい電源でしょう。





  2015.08.19

早くも休暇の4日目。
当初の予定では、南岳小屋から槍ヶ岳に登頂し、槍沢ロッヂまで
行く予定だった。

悪天候の関係で、岳沢小屋に連泊した為に、槍ヶ岳は諦めたから、
今日は北穂高岳から、涸沢小屋に向かう計画に、頭の中では変更した。

しかし・・・実は、昨日の前穂高岳から紀美子平に戻る途中に、
後ろを歩いていた登山者(40歳代女性)が、転倒し、
いわゆる「もらい事故」で右足と右わき腹を強打していた。

なので、体調不良になってしまい、一応涸沢岳まで行ってみたけれど、
その先の縦走は諦めて、横尾山荘まで下る事にした。

転倒した女性は、頭部を岩に強打したものの、ヘルメットのおかげで
無事のようだった。



天然の冷凍機の中で夜明けを待ちます。

常念岳2857mの右側が焼けてきている。





ご来光です。

山小屋の前に、大勢の登山者が集まって、
大歓声と拍手があがる。






涸沢岳を目指します。

写真は西側を撮りました。
右が笠ヶ岳2898mで、左遠方が白山2702m。




涸沢岳直下にて。

右は奥穂高岳の稜線で、中央の岩山が
前穂高岳3090m。

遥か彼方に南アルプスの北岳・仙丈岳・甲斐駒ヶ岳と
富士山が見えています。

さて、3000m峰が何座見えるでしょう?




06:45涸沢岳3110mに到着。

写真は、奥穂高岳3190m山頂。
山頂直下(左側)に、大勢登山者がいますね。




ジャンダルム3163m。

バリエーションコースで有名ですね。
私には無理でしょう。
私が歩いたら、途中から「超特急岳沢行き」に
なってしまう事でしょう。




涸沢岳の三角点3103m付近の縦走路。

30年前には、逆コースを縦走して来ました。
逆コースは、最初は「やさしい」から、途中からは
引返したくなっても戻れない、そんな辛さがありました。




30年前、まだ登山靴を持っていなかった時に
良くこんな岩場を通れたなぁ。

その時は、28歳・・・今は58歳。
若い時の記録は捨てて、58歳の登山をしよう。

もちろん、引返しました。




左の急斜面の岩場を、2人が下っている。

岳沢小屋で一緒に連泊した2人だ。
60歳代男性と70歳代女性の2人組は、何としても
北穂高岳に行くと話していた。




涸沢岳から北を望みます。

槍ヶ岳3180mが同じ高さに見えてます。





この他に、水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳・双六岳・
日本海などなど。

08:10涸沢岳で85分眺望を楽しんで、下山します




穂高岳山荘に戻り、奥穂高岳を目指す登山者を
見守りました。




涸沢カールのザイテングラードから、行きたかった
北穂高岳3106mを見上げる。

また、今度。ケガをしていない時に!




涸沢小屋にて。

お花畑の中を行く単独行者。
私も、他の登山者から、こんな感じに映るのだろうか?

30年前に比べれば、単独行は増えている。




お盆が過ぎて、テントの数も少ない。

今年の夏山は晴天が続いて、賑わったそうです。




15:20横尾に到着。

ここで、槍ヶ岳方面の登山道と合流し、
上高地まで3時間の遊歩道である。

いわゆる登山者の領域は、ここで終了と言って
良いでしょう。





  2015.08.20

明日は仕事。
横尾〜上高地の遊歩道を3時間歩いて、
バスと電車に乗って帰宅です。

一部の職場同僚が、写真を楽しみにしていたから、
写真を選抜しながら帰ろう。

16:20浦安自宅着。