2015.10  中央アルプス 恵那山2191m






      所持品:コンロ・食器一式・食糧3食分
          ・水2リットル用ボトル・カメラ・携帯電話 他

      単独

      今回は、快晴と無風に恵まれ、最高の登山日和でした。

      JRのトレン太くん利用
      木曽福島の駅レンタカー利用




  2015.10.16

舞浜駅を早朝に出発して木曽福島駅へ。
駅レンタカーを借りて、登山口の神坂峠に向かい、
山頂の避難小屋を目指します。

恵那山最寄駅の中津川には、駅レンタカーが有りませんでした。



10:30木曽福島駅に到着。

朝一番の電車で出発しましたが、やはりこの時間になってしまいます。
夜行の急行「ちくま」が廃止されて随分たちますが、夜行のバスも無いので、
やはり休みを一日多く取って、ここで一泊するのがお勧めです。




12:35レンタカーで神坂峠に到着して、着替えて歩き始めたところ。

後方は、紅葉の美しい富士見台と呼ばれる丘陵。
百名山が23座見られると言われています。




登り始めてすぐに、南アルプス全山が見えました。

それにしても快晴で無風の中を、紅葉を楽しみながら、
贅沢な山行になりました。




ますます快適ですが、心配なのは到着時間です。

昨年の空木岳(中央アルプス)では、暗くなってからの避難小屋到着でした。




御嶽山が綺麗に見えます。
今は、8合目(女人堂)までなら入山出来るようです。






最初のピークに到着しました。

山頂が良く見えます。




遅めの昼食を食べて、最初のピークを後にします。

やはり昼食を取らないと、過去の経験から
疲れが出て、かえって到着が遅くなることが有りました。




13:40ウバナギから南アルプスの北部。

無風の快晴ですが、ラジオで雷雨の予報がながれました。




紅葉最盛期。こんな感じの登山道を行きます。




北側の中央アルプスが見えました。

手前には、先程通って来た「ウバナギ」です。






15:05大判山に到着。

久々に眺望の良い貴重な休憩地です。

しかし、この後一度下ってから急登です。
霧が出たうえ暗くなり、17時30以後ヘッドランプを頼りに歩きます。

18:15山頂避難小屋に到着。





  2015.10.17

昨日のコースを下山して、レンタカーで木曽福島駅に戻ります。



05:57恵那山山頂に到着。

避難小屋から20分で到着しました。
夜間の濃霧はすっかり晴れました。




展望台がある。

もちろん、登ってみる。




3m程の高さがあるから、標高は2194mになるかなぁ。

見えるのは、中津川の市街地だけですが、
有難い展望台でした。




一晩お世話になった山頂避難小屋です。

水汲みに出掛けます。
水場は400m程歩いて2リットルを確保。




08:40避難小屋を出発して、すぐ裏の崖に登ります。
南アルプスの全山が見えています。

ガイドブックによれば、恵那山の最高地点2191mがこの崖です。






中央アルプスの山も、もちろん見えます。

中央アルプスは、まだ2回目です。
地図を見ないと山名が解りませんが、越百山(こすもやま)2613mや
南駒ヶ岳2841mではないかと想いました。

今日も快晴に恵まれました。
想えば、今年はじめて快晴に恵まれた登山でした。