2016.08  石川・岐阜県境 白山2702m






      所持品:ツエルト・コンロ・食器一式・食糧4食分・太陽光着火装置
          ・水1リットル分のボトル・カメラ・携帯電話 他

      単独

      北陸の山は、はじめてです
      雪が多い地域なので、真夏を選びました。

      とにかく人が多く(特に若い人・子供)にぎやかな
      楽しい「山の日」の山旅になりました。

      また、甲子園やリオデジャネイロに負けないくらい
      暑かったです。

      公共交通利用。




  2016.08.10

前日、仕事から帰り、ディズニーランドを出発する夜行バスで、
金沢駅へ。
そして、夏だけ運行されるバスで、登山口の別当出合で下車。
今日は、標高2080mの南竜山荘を目指します。



東京ディズニーランド発のバスは、私にとってはありが〜たや!

バスが関越道に入ったところで、私は寝てしまったが、
途中で停車したところで、たばこ休憩をしました。

スマホで現在地を確認すると、長野市篠ノ井である事が
解かった。

写真は、その時のもの。バスのナンバーに注目ください。

02:30 バスは発車しました。

では、バスにちなんだ曲を思い出しましょう!

ある雨の日の情景(吉田拓郎)なんかいかが?




09:00 バスは終点の別当出合に到着。

いつもの登山と同様に、水を汲んで出発です。

しかし違いは、夏休みとあって若い人が多いことと
明日が初めての「山の日」であること

しかも人気の高い白山であり、カメラの視野に
どうしても他人が入ってしまいます。




09:20 出発。

広場の奥にある鳥居をくぐって
その先のつり橋を渡り、
砂防新道経由で登ってゆきます。




歩きはじめの登山道は、こんな感じの道です。






とにかく暑いので、こんな感じのところで
頻繁に休憩

同じく暑い甲子園やリオデジャネイロを
聞きながら休もう。




標高が上がってくると、樹林帯が少なくなり、
代わって高山植物の登場です。

写真は、ミヤマタンポポでしょうか?






12:15 歩きはじめてからちょうど3時間。

本来なら南竜分岐に到着する時間であるも、
今日は暑いからのんびり行こう!

高山帯になると、高山植物を楽しむ事ができる。
しかし、休憩に適した日陰はありませんねぇ。






現在地がハッキリとしました。

甚之助避難小屋に到着だ!

ここは、蛇口付水道があって水洗トイレもある。
ちょっともったいないくらいの避難小屋でした。




その小屋の広場で、昼食を作ろう。






小屋の中を見てみよう。

さっきまで団体が独占していたけれど、
下山したようだ。

この山には、いったい何人の「ひと」が
いるのでしょう。




13:50 南竜分岐に到着。

ここから先、5分間位の場所が、コース上で
唯一の危険箇所のようだ。




14:02 本日の宿、南竜山荘が見えてきた。

ガイドブックが教えてくれた危険箇所は、
アルプスを登る人にとっては、安全箇所でした。




白山には、このような沢がたくさんあって、
水不足になることはありませんよ!

ここは、地図上の万才谷です。




14:20 南竜山荘に到着。

宿泊棟は、一番奥の建物です。




山荘の玄関から南西側(登ってきた方向)を見ます。

なかなか、素晴らしい雰囲気の場所ですよ。




近くの沢に下りてみよう!

周囲には大勢の人が、同じような事をやってます。
風呂はないけれど、水はたっぷりあります。

汗が落ちて足がきれいになった。




あまりに暑いから、人が沢にやってくる!

場所を譲るとしましょう。





  2016.08.11

今日は、はじめての「山の日」だ。
何か得した気分になりませんでしょうか?

だって、休日が一日増えるんだもんネ!!

山好きも山嫌いも、山の恵みに感謝して、
自然環境を大切にする気持ちを持ちましょう。

今日は、白山山頂の2つの峰を縦走して、南竜山荘に戻ります。



05:40 すっかり明るくなった。

山荘前の分岐を「展望歩道」に進み室堂方面へ。

ちなみに室堂までの最短コースは、「トンビ岩コース」です。
帰りに通る事にしようか。




このような遊歩道的な登山道からはじまります。




途中きれいな沢を超えたあたりで、リオデジャネイロでは、
柔道の男女が揃って金メダルをとった中継を聞き終わった!!

やがて登山道は、こんな感じの眺望を見せてくれる。




南側には白山の付属火山というか寄生火山というのか?
油坂ノ頭経由の別山2399mが待っているように見えます。

時間があれば行ってみたい。(往復4時間)




アルプス展望台という道標あり。

ここで、朝食を自炊しよう。

何という贅沢な瞬間!!




白山のような単独峰は、
あまり経験無かった。

だいたい山というのは、
山脈を作ってますよね。

堆積岩が隆起した南アルプスや
深成岩が隆起した北アルプス。

活火山でも日光連山や奥羽山脈。

みんな山脈だった。

富士山と利尻岳は単独だね。




室堂まであと15分のところまで来ました。

見えているのは、もちろん山頂です。

ここで、白川郷方面方面からのコースと合流です。




室堂に到着する直前に雪渓が見えました。
さすがに北陸の山なんですネ。




白山の最高峰の御前峰が目の前に迫ります。

たぶん、大勢の人が休んでいる事でしょう。

ところで先程、室堂山荘で一休みしましたが、
まるで東京の原宿のように混雑した山小屋は、
すぐに立ち去ります。




09:00 山頂に到着しました!!!

白山の山頂は、ここ御前峰2702mです。

ちょっと透明度は落ちましたが、全方向展望台です。

暑さとの戦いでや〜とや〜と辿り着いた山頂。
自宅から遠いし、もう来られないかもしれない・・・。




せっかくだから、山頂周辺を一周するのだ!

隣にそびえる剣ヶ峰(登山道は無い)と、
これから行く紺屋ヶ池を確認してます。

しかし、風が強いこと!!

暑い→苦しいに変わりました。




さっき上から見た紺屋ヶ池から、御前峰を見上げる。

つまり、ここは白山の火口底です。
おっかないから、すぐに立ち去ろう!
だって、白山は活火山なんです。




白山最大の火山湖 翠ヶ池。

山頂に池があることを、火山の特徴であること、
あらためて知りました。

鳥海山の鳥海湖も綺麗だったっけ。




やっと大汝峰に近づいた。

白山の第2位の峰が、大汝峰だ。
登ってみよう!そうしよう!




10:10 大汝峰2684mに到着しました。

結構な岩場があって、結構苦労しましたよ。

でも、さっきの御前峰に比べると・・・。
さみしい山頂でしたが、
居心地よし。
30分のんびりと。




白山第2位の大汝峰2684mから、
白山第1位の御前峰2702mを望む。

リオデジャネイロに例えれば、ここは銀メダル。




今日はもう登りは無い。万歳!
だって、暑いんだもん。




室堂に戻って来ました。

やはり室堂は、東京の原宿のようでした。

おなかがすいたので、ラーメンを食べます。

室堂の混雑ぶりは、省略させてもらいます。




トンビ岩コースを下ろう。

早くも南竜山荘が見えてきた。




コースのシンボル「トンビ岩」

暑いから、ゆっくりと休もう。




私は・・・体力が落ちた。
若い人たちにドンドン抜かれました。

最近は春や秋の平日に登山していたから、
いつも年配者と一緒だったけれど、
今回は若い人と一緒で新鮮な気分でした。




山荘から10分のキャンプ場に行ってみた。

設備が整った初心者にも安心なキャンプ場だ。





  2016.08.12

楽しかった登山の最終日。

別当出合まで下るけれど、金沢駅行きのバスは
13:30までないから、
マイカー登山者用のシャトルバスに乗って
市ノ瀬の白山温泉で休んでから
金沢駅行きのバスを待とう。



この小屋で、登山と天体観測を楽しんだ。




高山植物いっぱいの南竜分岐。




甚之助避難小屋。

登って来た時もお世話になりました。




市ノ瀬に到着。

疲れ切っていた。




有難い温泉で休んで・・・

バスに乗って・・・




北陸新幹線で帰りました。

楽な行程を組みましたが、暑くてバテました。