2016.09  新潟・群馬県境 巻機山1967m











      所持品:ツエルト・シュラフ・コンロ・食器一式・食糧6食分
          ・水2リットル分のボトル・カメラ・携帯電話 他

      単独

      近くにある谷川岳1977mとは正反対の平和的な山
      雪が多い2000m級なので、9月を選びました。

      平ヶ岳に登った時も霧が濃くて
      大草原が望めませんでした。

      JRのレール&レンタ利用。




  2016.09.15

始発のバスで自宅を出て舞浜駅へ
JR京葉線・上越新幹線で越後湯沢駅に08:11到着。
08:30レンタカーで出発し、登山口に09:20着。
今日は、山頂直下の避難小屋を目指します。



新幹線とレンタカーの組み合わせは
新幹線のダイヤとレンタカー会社の営業時間に
合わせれば便利なものであります。




清水の集落に到着。

民宿が10軒ほどありました。




09:20 桜坂駐車場に到着。

ここで着替をして
09:50 出発しました。




一応コースを確認してみた。






歩きはじめてすぐに、唯一の分岐点。

右の井戸尾根コースに行きます。

左は沢と岩登りのコースです。お間違い無く!




五合目までは、こんな感じの粘土の道。

滑りやすいので、下山時も注意しよう。




五合目付近には、このように見事なブナ林が
広がっています。

空気が美味しく感じました。




五合目到着。

駐車場が三合目だったから、まだまだ避難小屋のある
九合目半は先にある!




12:05 六合目(展望台)でコンロを出して昼食を作ろう。

割引岳(わりめきだけ)・天狗岩方面を見ながら25分の大休止。




あの平に見える場所が七合目だった。

ここから九合目(前巻機山)までが急登となります。




ナナカマドの赤い実で元気をもらおう!

と言っても、取って食べた訳ではありません。




八合目。

この辺りから植生復元による規制があります。




その立入規制区間です。

写真では判りませんが、
中央やや右側の細い階段が登山道で、

左の広い階段状の部分が植生復元地です。




14:05 前巻機山1861mに到着。

「ニセ」では、ちょっとかわいそうな気がしませんか?




前巻機山から、三角形のはずの割引岳です。

なかなか、素晴らしい雰囲気の場所ですよ。




前巻機山から、水場付近の窪地です。

見事な草紅葉を写したつもりですが・・・




14:20 今日の目的地、避難小屋に到着。

この小屋は二階建で、私は二階で休む事にしよう。

先着の仙台市からの男性が一階で食事中でした。




水汲みに出掛けようか。

振返ると、草紅葉の草原と避難小屋。

もちろん、贅沢な時間を満喫中で〜す。




少し晴れて来た!

中央の平らなところに、巻機山の山頂があるはずです。




狭いテント場と、三角形の割引岳です。




右手前が、超えて来た前巻機山。

中央は谷川連峰の仙ノ倉山だろうか?




避難小屋の二階から、中秋の名月バッチリ!。

明日は晴れるだろう。





  2016.09.16

今日は、巻機山とその先の牛ヶ岳まで行き、
往路を引き返します。

帰りはJR上越線(在来線)で「ループで名高い清水トンネル」を
楽しもう。



05:15 小屋を出発。

今日は、新しい木道から始まった。




織姫の池

ここ巻機山は、機織りの神の山として崇敬を集め、
女性たちは上達を祈願して登山した。(ガイドブックより)




05:39 巻機山の山頂標識。

残念ながら本当の山頂はこの右側を行きます。

しかし、ここを山頂として引き返す人もいるようです。




その本当の山頂が、霧の中から見えてきました。




05:51 山頂に到着しました!!!

私の場合、上越国境の山に来た時は天候に
恵まれないようです。




せっかくだから、牛ヶ岳まで行ってみるのだ!

この山域の良さは、巻機山〜牛ヶ岳にある!と、
他の登山者のホームページが例外なく解説していた。




この細い道は、朝日岳(群馬県みなかみ町)へと

続く。




06:23 牛ヶ岳1962m

もう少し先に行ってみた。




ここは、通称「牛ヶ岳展望台」

この先は急な下りになっており、
五十沢集落へと下る。

上級者向きの裏巻機コースである。




八海山方面が少し見えて来ました。

でもほんの一瞬。




さっきまでいた牛ヶ岳です。

新潟県側が緑の笹原で、群馬県側が草紅葉でした。




この写真は、稜線から群馬県側の谷を見ています。

利根川を経由して、一部が浦安まで流れていくのだ。




06:51 三つの池

写真に「巻機山」と書きましたが、
正しくは、山頂の表示が有った山です。

ごめんなさい!

この「ヘンな顔」は、帰路に気づきます。




「ヘンな顔」付近から避難小屋と
その左の草紅葉の前巻機山。

遠くに苗場山が見えてきました。




新潟平野も見えてきた。




越後三山でしょうか?




07:25 避難小屋に戻る。

万一、晴天になったら暑いから、
歩いて5分の水場で1リットル確保する。

過去に、水が無い苦しさを二度経験しています。




八合目付近まで下りて来ました。

今日は、高校生200人とすれ違う事になりました。

景色を見ながら、ゆっくりと降りよう。




09:10 六合目の展望台。

天狗岩が良く見えます。




五合目からは、上越のマッターホルンと言われる
大源太山も見られます。




きのうから、この位晴れてくれれば・・・




有難い温泉で休んで・・・






・・・レンタカー会社との約束時間を待とう。




ループで名高い清水トンネルその1

上越線の上り東京方面のみ、線路が一周する場所が

2か所あります。




ループで名高い清水トンネルその2

清水トンネルは広義では、越後中里〜土樽〜土合〜

湯檜曽までの大小8つのトンネルの総称みたいです。






この日は、群馬県沼田市の実家に寄って、

翌日、浦安自宅に帰りました。