2016.08  北アルプス 白馬岳2932m・清水岳2603m






      所持品:基本登山用品一式・食糧5食分・非常食2食分
          ・水2リットル分のボトル・日本酒2リットル 他

      単独

      変化に富んだハードな清水尾根を下りに選びました。
      歩かなければ来られない、鑓温泉と秘湯祖母谷温泉も魅力。

      公共交通利用。




  2017.09.04

前日、職場から帰宅後、夜行バスに乗って白馬駅へ。
この時期の平日は猿倉行のバスは無いので、タクシー相乗りで猿倉へ。



06:35 猿倉着

タクシー相乗りした30歳代の男性を大雪渓方面に見送り、
私はゆっくりと支度を整え、朝食後、鑓温泉小屋を目指します。

07:00 猿倉出発




09:13 小日向乗越で大休止。

10:40 杓子沢(写真)を渡る。
今日一番の注意箇所かもしれないが、
3日目の清水尾根に比べれば、問題ありません。






鑓温泉小屋の直下のお花畑です。

シナノキンバイでしょうか。




少し登るとこんな光景が見られます。






11:47 鑓温泉小屋に到着しました。

熱い温泉は、とうとうと流れ出ています。

火山では無いこの山に、温泉が湧くとは・・・。
きっと、フォッサマグナ糸魚川-静岡線のいたずら・・かなぁ






その、露天温泉です。

ここは混浴です。
他に、内湯もありますよ。

動画 鑓温泉露天風呂





  2017.09.05

今日は、鑓温泉小屋から稜線に登り、白馬三山(鑓ヶ岳〜杓子岳〜白馬岳)
を縦走し、村営頂上宿舎に宿泊します。

スマートフォンは、先月の八ヶ岳での教訓を活かして、
歩行中はスイッチオフ。
メールや写真撮影の時のみ電源を入れて使用しました。

毎朝6時に自動的に電源が入る機能は、解除した。



05:13 ご来光です。






今日は一日中好天のようだ!




06:40 鑓温泉小屋を出発。

しかし、出発してから40分間は試練の連続。

急登・岩場トラバース・クサリ場が多い。




07:20 急登を終えれば、大出原(おおでっぱら)という
なだらかなカールの底の様な場所に出ます。

写真は、大出原から白馬鑓ヶ岳を見上げています。

動画 大出原からの眺望




ここで小休止をしました。

振返れば、高妻山・妙高山が見えます。




09:35 稜線に出ました。

2つの「ヤリ」が見えます。
白馬岳山頂からは、3つの「ヤリ」が見えるでしょうか?

南側は、唐松岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳と稜線続きです。




富山県側も、ここで初めて眺望出来ます。




長野県側の街は、雲の下ですね。






10:20 白馬鑓ヶ岳(はくばやりがたけ)2903mに到着。

目指す白馬岳(しろうまだけ)2932mは、まだ遠い。




白馬鑓ヶ岳から、明日下る清水尾根を望みます。

明日は雨になりそうなのです。




12:05 ここで昼食を自炊しよう。

場所は、杓子岳を過ぎたところです。

白馬岳は、長野県側は崖で富山県側は緩い斜面です。




登ってきた鑓ヶ岳です。




富山県側も眺望良好です。






地図上の丸山付近です。

右は鑓ヶ岳、左は杓子岳です。

疲れていた為に、杓子岳は割愛させてもらいました。




13:15 村営頂上宿舎です。

経営は財団法人に委託されています。
丁度、私の勤務先みたいですよ。




14:05 白馬岳2932mに到着。

今日の最終目的地に着いて、のんびりしたいけれど、
風が強く、他の登山者も早々に降りて行った。

動画 白馬岳到着




気になるのは、やはり明日行く清水尾根方面でした。

目の前の旭岳は2867m。

こんなに近くに白馬岳があり、稜線から外れているから、
脚光を浴びない(手付かずの)山です。




ヤリました!

3つの「ヤリ」が見えています。






村営頂上宿舎の「庭」に咲くイワギキョウ。






村営頂上宿舎に戻りました。

さすがに9月の平日です。
16人部屋に2人です。




小屋を知りつくそう!

ここは、売店・レストランです。

通過する登山者向けの施設ですが、
時間が早いので、ここで休憩しています。

この村営頂上宿舎は、素晴らしい山小屋でした。




夕食はバイキングを楽しみました。

とても豪華です。





  2017.09.06

今日は、楽しみにしていた清水尾根を下ります。
ヤマレコなどのレポートを見ると、多くの高山植物が見られる素晴らしいコース。

標高差2000mを下るハードコースでもあります。



05:05 村営頂上宿舎を出発。

夜中からずっと雨でした。

写真は、旭岳をトラバースしたあたりです。

もう少し雨が小降りになってくれないか。




小旭岳付近の岩石帯です。

ここで、30歳代男性2人組に抜かれます。

その2人組は、あっという間に視界から見えなくなります。




07:10 清水岳2603m

今回の楽しみの一つでしたが、
何も見えない、寒い、辛い、休憩も億劫になる。

ここで、19歳の単独男性に抜かれ、やはり直ぐに
視界から消えていきました。




ここで小休止をしました。

ガイドブックによれば、清水岳周辺は美しい池塘が点在し、
隠れた楽園なのでしたが、あまりの寒さと強風で、
休憩する気にならないものでした。




高山植物たち。

やはり、花はちじんでいます。(晴れていれば咲くでしょう)




09:05 不帰岳避難小屋に到着。

助かったという気分です。
天候が悪く、ろくに休憩できず歩きました。

先行の3人は、既に立ち去っています。

何となく取り残された気分ですが、年齢を考えてゆっくり休もう。
初めてタバコを吸えたし、食事もしました。

09:50 避難小屋出発。




14:45 やっと林道に降りられました。

ここまで、沢を渡る毎に滑りやすい崖を降りたり登ったり・・・。
疲れきってしまいました。

この先注意するのは、クマだけです。




歩いて来た祖母谷と、祖父谷が合流しています。

祖母谷温泉は、もう近い!

15:05 山小屋祖母谷温泉に到着。

先行の3人が、心配してくれていた。

19歳の単独男性は、12時頃に到着していたようです。




荷物を整理して、露天温泉に入りました。

動画 祖母谷温泉露天風呂




この山小屋の夕食も、思い切り豪華でした。
(写真は撮り忘れ・・と言うかカメラはびしょ濡れで撮れず)







  2017.09.07

今日は、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車に乗って下山し、
富山地方鉄道・北陸新幹線を乗り継いで帰宅します。

トロッコ列車も楽しみの一つでした。



祖母谷温泉の全景。

旅行のパンフレットにもお馴染みの風景です。

外国人観光客の姿も見られましたよ。




欅平(けやきだいら)駅が見えてきました。

この先は、もう歩かなくても自宅に帰り着きます!




黒部川本流です。
不気味な増水注意サイレンが鳴り響いていました。

黒部らしい深い谷だと、ガイドブックが紹介しています。






山奥の駅ですが、立派な駅。

ゆっくりとトロッコ列車を楽しもう。

動画 トロッコ列車1

動画 トロッコ列車2

この様な場所にダム・道路・鉄道を建設した人たちは、大変だったと思います。
しかし、それでもこの山域は、まだまだ秘境と言えるでしょう。