2017.11  神奈川県 金時山1213m






      所持品:基本登山装備一式・食糧2食分

      単独

      金時山は、箱根という観光地の山。
      なので、交通アクセスに恵まれています。

      公共交通利用。




  2017.11.26

06:00 舞浜駅を出発。箱根湯本駅まで行き、
箱根登山バスに乗り、仙石で下車。



5分程歩いて金時登山口バス停(このバス停には、先程のバスは通らない)に
到着。

このコンビニのすぐ先を右(北)に入って行きます。

コンビニで飲料と行動食を仕入れます。

09:25 出発。




10:00 矢倉沢峠(稜線)に到着。

ここには、うぐいす茶屋という売店が、日曜日のみ営業している。

ちょっと休憩のつもりでしたが・・・。






ビール400円に、おでん2本と焼き鳥2本のサービス。うれしい!

でも、いつもおまけが付くとは限りませんよ!

10:25 矢倉沢峠を出発。




途中で眺望が開け、箱根の山の中心にある、活火山群が見えました。






登山道は、両脇が背の高いササに覆われています。

夏に登った職場の同僚は、暑くて大変だったと話していました。




11:00 金時山山頂に到着しました。

ここには、2軒の売店・食堂が有りました。

2軒とも満員の盛況です。




金時山1213mから、見事な富士山で〜す。

箱根山の「古期外輪山」の盟主が、金時山なのでしょう!




少し先には、金時山のガイドに定番の大きな看板が健在です。

ここで、コンロを出して食事をしよう。

11:30 出発。




11:55 長尾山1144mで休憩しよう。






ここ長尾山は、大人数グループの休憩には適しているが、
眺望は有りませんでした。




この登山道は、箱根山の古期外輪山を周遊できるようです。






12:10 今回は、外輪山の周遊はせずに、
この乙女峠で下山します。

乙女峠だから? 金時山〜乙女峠は、女性の登山者が非常に多かった。




乙女口からは、小田急バスに乗りましたが、仙石で箱根登山バスに乗り換えないと
箱根湯本駅には行けません。

いずれにせよバスの本数が多く、アクセスの良い山である事は事実でしょう。

次はお隣の、明神ヶ岳を目指します。