2018.06  岩手・秋田県境 八幡平〜乳頭温泉縦走






      所持品:食糧8食分

      単独

      このルートは「裏岩手縦走路」とも言われています。
      (盛岡から見て岩手山の裏側だから)

      2泊3日のルート上に日本百名山は有りませんが、
      入山口と下山口に有名な温泉が多く、
      また、静かな山旅が出来るという事で、
      静かなブームの山域です。

      公共交通利用。




  2018.06.19

05:10 早朝に自宅を出ます。

今日の目的地は、大深山荘。 八幡平頂上バス停から約4時間歩きます。



06:32 東京駅から「はやぶさ1号」新函館北斗行に乗る。
これに乗らないと、盛岡駅→八幡平のバスに間に合わないのです。




バスは藤七温泉を過ぎて終点間近。

バスの中から縦走路が見えてきました。





11:25 バスを降りて20分ほど車道を戻ると、
登山道入口に到着です。

広くて風通しの良い場所ですが、車道脇なので、
もう少し歩いてから食事にしようか。




12:01 本日の最初のピークであり、今回縦走の
最高峰である畚岳(もっこだけ)1577mに到着だ。

やはり、今回の縦走路では最高の眺望であり、
ここで引返す登山者が2人組×2組いました。

結局この先、鶴の湯までは人には逢いませんでした。




西側の眺望。

森吉山は存在感があります。




下って来た八幡平です。

東北地方には2000mを超える山は少ないから
貴重な1613mの山です。




これから向かう大深岳方面です。





今回のゴールは、秋田駒ヶ岳に近い乳頭温泉鶴の湯です。






このような、雪上の歩行もあります。

気を付けないと、「快速谷底行」になってしまいます。




次のピークの手前にて。

超えて来た畚岳が高い!





次のピーク 諸桧岳。

この山域を象徴するような山容です。





小さな沼があって、そこに咲く花。






ミズバショウです。

ミズバショウは、この先でもよく見られました。




13:45 諸桧岳1516mに到着。

山頂は広い草原になっている。




その広い草原です。




14:00 先程よりも高いところ。

こちらの方が諸桧岳の本当の山頂のようです。






諸桧岳山頂の眺望。




14:25 石沼

このコースには沼がたくさん有りました。




石沼の畔から行く先の登山道。

この付近の樹木は、アオモリトドマツがメインでした。




15:05 前諸桧岳1481m

2m近い高さのクマザサで、視界は有りません。




進行方向の登山道です。

見えているのは大深岳。
今夜の宿 大深山荘らしき建物も小さく見えます。




少し下れば眺望が開けました。

コース上で最難関の曲崎山も見えている。




綺麗な沼。

名前は分かりませんが、コースから見えた
最大の沼でした。




次のピーク 嶮岨森に近づく。

暑いから15分の休憩にした。




こちらは鏡沼。




嶮岨森1448m

本日最後のピークです。




16:43 本日の宿 大深山荘に到着しました。




最近改装されたとか。






中は快適です。

今日は私ひとりの貸切でした。

この日は、サッカーワールドカップ コロンビア戦を
聞きながら床に着く。

私ひとりの貸切だから、ラジオも堂々と聞けた。




一休みして、暗くならないうちに水場へ。





  2018.06.20



大深山荘の夜明け。

昨夜は星空も大変綺麗で、赤く明るい火星と、
アンドロメダ星雲が印象的でした。

05:00 大深山荘を出発。




歩きはじめたら地上には雪、空は霧

結局この後は青空は見えませんでした。






源太ヶ岳方面の分岐点のはず。

地図と磁石をよく見て確認しよう。




進行方向の関東森方面です。






05:22 大深岳1541mに到着しました。






05:50 三ツ石山方面との分岐点。

9割以上の登山者はこちらに向かうはずです。




私が行く関東森方面は、いわばローカル線です。




たちまち、こんな感じの道。

クマザサが大きく伸びて登山道を隠しています。

おまけに朝露でぬれたクマザサの葉を体で押せば、
体じゅうびしょ濡れでした。




霧も深くなり、・・・




残雪で登山道がどちらに続いているのか
分かりづらい。

でも、焦ってはいけない。

幸い寒くはないから、たばこ休憩し、
地図と磁石を出して進路を確認しよう。




小さな沼の畔で休憩。






ツマトリソウの様な白い花がたくさん。





08:30 関東森1154mに到着しました。

何故山頂を〇〇岳や〇〇山と言わないで、
「森」なのか?

それは恐らく平らで明確なピークではなく
樹林で覆われているから? なのでしょう。

本当の理由は解りませんが。




休憩20分後、八瀬森方面に進みます。






草原の中を横切ります。




09:07 八瀬森山荘に到着しました。

どうやら水場は過ぎてしまったようだ。
先程の草原の中の小さな流れが水場だったようです。

でも、水は充分有るから戻らず。




雨が降って来たので、ここで早お昼を取ります。

少々古い小屋ですが、布団・毛布が置いてありました。

09:50 八瀬森山荘を出発。




本日の3番目のピーク 八瀬森1220mに到着。

この辺りは倒木が多く、障害になっている。
乗り越えたり、藪の中を迂回したり、潜ったり
体力を消耗します。




ここ八瀬森付近の樹林は、アオモリトドマツに混じって
ブナの大木も見られます。




11:20 長い登りが続いているから、
曲崎山の登りに掛かっているのでしょう。

花が多い岩陰で、風を避けながら休憩10分。

はじめての山。 濃霧の中で慎重に地図を確認しよう。




11:53 曲崎山1333mに到着しました。

しかし下りは岩場が有って、ゆっくりと降ります。




13:20 本日5番目のピーク 大沢森1178mに到着しました。

もう既に体じゅうがびしょ濡れです。

雨具で雨やクマザサの葉水は防げますが、
下着は汗で濡れています。




樹木はブナが主役になりました。

ブナは、なぜ「木へんに無」かと言いますと、
材木に加工しても、時間経過と共に曲がってしまい
建築資材や家具に使い物にならないからだそうです。

人間の立場からのストレートな表現ですね。




大きなフキの葉っぱ。

茎も1.5〜2センチあります。




立派なブナの大木。




14:30 今夜の宿 大白森山荘に到着しました。

この日も山中で誰にも逢わず、小屋でも貸切でした。




積雪期は2階から小屋に入れます。




毛布を4枚お借りしました。




この付近は、タケノコ(ネマガリタケ)を取りに
来る人が多く、その人達が置いていった本でしょうか?

本の内容は山とは関係ないものでした。






  2018.06.21



今日は、自宅に戻らなければならない日。

04:30 大白森山荘を予定より早目に出発。

予想通り、背丈よりも高いクマザサが登山道を隠す。
そんな時は焦らず、しゃがみ込んで見渡す。
すると、人の踏み跡が見つかるはずです。






大白森の山頂の一角に到着したようです。

何という解放感・・・!




05:25 大白森1217m山頂に到着しました。

今回の登山で一番楽しみにしていた山(草原)です。

この山(草原)を秋田駒ヶ岳の男女岳から見ると
まるでゴルフ場のように見えました。






山頂付近には、池塘がたくさん!




たぶんあそこが本当の山頂でしょうか?

もちろん立入禁止になっています。




さらに南下して
06:15 小白森1145mに到着しました。






草原は先程の大白森よりも狭いものの、
高山植物の花は多かったです。




雨は小降りになったので、20分の休憩です。




晴れてほしかったなぁ。






どうやら無事に下山出来たようです。




08:25 鶴の湯に到着しました。

ここで、本当に2日ぶりに人に逢いました。!




鶴の湯の日帰り入浴は10時からなので、
写真左側の2号館(無料休憩室)で、ビールを
飲んでひと休み。




時間が有り余っているので、施設内散策。






写真正面が、鶴の湯最大の「混浴露天風呂」です。

この後勿論温泉に入って、
11:40分の送迎バス・路線バス・新幹線に乗り継いで

18:15 浦安自宅に着きました。