2018.09  鳥取県 大山(だいせん)1710m・氷ノ山(ひょうのせん)1510m






      所持品:食糧4食分

      単独

      鳥取県の山はもちろん、中国地方の山に初挑戦です。

      大山は、鳥取県の西部にあり、中国地方の最高峰です。
      また、氷ノ山は兵庫・鳥取県境にあり、
      中国地方では、大山に次ぐ高峰です。

      超遠方の山に向かうため、大雪山の時と同様持物は衣類と食料だけ。

      公共交通利用。




  2018.09.11

前日、仕事が終わった後、東京駅から貴重な夜行列車サンライズ出雲号に乗車。

今回は、JRのレールアンドレンタカー(トレン太くん)を利用しました。
JRの乗車券が2割引になります。







レンタカーに乗り始める時間が、11時位になる為、
今日は登山をせずに、三朝温泉に立ち寄ってから、氷ノ山の登山口に向かいます。

寝台列車の中の通路です。

私の乗った13号車は喫煙車両で、B寝台個室でした。
今時、喫煙可能な車両とは本当に有難いものです。

列車は10時頃に米子駅に到着し、早速駅レンタカーの
手続きをして出発です。





  2018.09.12

今日は氷ノ山に登頂し、下山後に関金温泉に立ち寄り、
明日登る大山の登山口へ向かいます。


レンタカーで、氷ノ山キャンプ場に到着。

06:35 支度を整えて歩き始めます。

今日は晴れそうもなく、午後から雷雨の予想。




キャンプ場を抜けて、本格的な登りにかかります。






20分程登ると、沢を渡ります。

ここで小休止。
ラジオを出して、聞きながら歩きます。

これは、放送の内容を聞きながら、
雷雲の接近を自分で予測するためなのです。

山で有難いのは水場、怖いのは落雷とクマ。




まだまだ樹林帯。

眺望がないので、案内板のある場所で
小休止しながら登ります。




現在地と、あとどの位歩くのか、分かりやすい。

そういえば、学校登山がひんぱんにあるようです。




07:28 氷ノ越に到着。
避難小屋も立つ休憩に最適な「峠」です。

ラジオに雑音が入らないので、雷雲は来ていない。
雷雲が近づくと、ジーッという雑音が入ります。(AMラジオ)




先程の氷ノ越からは、県境のなだらかな登り。
右側には鳥取県の設置看板。
左側には兵庫県が設置の看板が見られます。




もう少しです。

でも、深い霧で何も見えません。




08:45 氷ノ山山頂1510mに到着。

霧の中で風が強く、体がびしょ濡れになりそうです。
おまけに寒い!




どうせ景色が見られないならば、小屋の中で休もう。

という訳で、朝食の残りを食べて、下山です。




折角なので、山頂標識を探しました。






下山開始直後、少し眺望が良くなりました。

鳥取県内から来たという女性2人とすれ違う。
きっと眺望を楽しめた事でしょう。




10:05 氷ノ越まで戻る。

樹林越しに周囲の山が見えてきました。

10:50 キャンプ場の駐車場に下山。




時間が有るので、鳥取砂丘を見物します。

平日でもあり人影まばら。
カップルばかりとすれ違いました。

その後、関金温泉に立ち寄り、
大山の登山口へ





  2018.09.13

今日は、一番楽しみにしていた日。
中国地方の最高峰 大山(だいせん)に登頂します。



06:05 駐車場を出発。

大山は昔から宗教登山も盛んな山。
このように、登山道は良く整備されています。




三合目到着。

各合目にこんな感じの標識があり、なおかつ
100m毎の標高の標識も有りました。

さらに、何名の登山者がどちらに移動したのか分る
センサーもありました。




07:45 六合目の避難小屋にて休憩。

雨が強くなった為、雨具の上下を着こみます。




八合目辺りから、雨が上がって麓の街が見えました!

見えているのは孝霊山と日本海。弓ヶ浜でしょう。




八合目から米子市方面です。




08:57 大山山頂1710mに到着です!




この様に、本当の山頂1729mまでは、登山道崩壊のため
残念ながら今は行けません。




また霧が出てきてしまった。

山頂小屋に入って、日本酒の熱燗でも飲もう!
これも登山の楽しみの一つです。




避難小屋としての分類ですが、冬以外は管理人がおります。
頼めばレトルトの軽食程度が出てくるので、
有人小屋(営業小屋)と言って良いでしょう。




管理人室兼売店です。

中年の女性が一人で小屋を守っていました。





この木、何の木?

大山の固有種で、「ダイセンキャラボク」です。
丁度、赤くて小さな実を付けていました。




11:50 登山口に降りてきました。

体じゅうびしょ濡れです。




帰り道、大山の全山が見渡せる峠を経由して、
皆生温泉に向かいます。

レンタカーのエアコンで、濡れた衣類を
乾かしながら移動です。

17:50 米子駅でレンタカーを返却します。




これはうまい!

米子の名物? 牛骨塩バターラーメン550円!

もしもこの店が、職場の近くに有れば、
毎日でも行きたくなる味でした。




19:56 サンライズ出雲号が、大雨の中で米子駅に入線。

今回の登山は、行き帰りも楽しめる旅行になりました。