シベリア鉄道 Владивосток(ウラジオストク)〜Москва(モスクワ)全長9259km(4 シベリア鉄道4日目)











  2017.04.15 主なスケジュール



今日の最大のイベントはなんと言ってもバイカル湖とイルクーツク停車。
終日、4000m級のバルグジン山脈を眺望の予定。

今回の旅で一番楽しみにしていた日が、この日のはずです。

00:17 日本時間00:17 チタ停車 Чита останавливается(人口34万人)

     深夜ですが、久々の大都市 貴重な25分停車なので、

     タバコ休憩など、是非車外の空気を吸ってみたい。

08:49 日本時間09:49 ウランウデ停車 Остановка в Улан-Удэ(人口43万人)

     モスクワとの時差が5時間になる。

     ここはモンゴル経由北京行きの列車が走る路線との分岐点になっている。

11:40頃 バイカル湖 Озеро Байкал この先250キロの区間は湖岸を走るはず。

13:41 日本時間14:41 スリュジャンカ停車 電化方式が変わり

     機関車の交換。(実際には交換はなく、たった2分の停車)

     その間にバイカル湖の名物オームリの燻製を買おう。(買えませんでした)

14:00頃 バイカル湖を離れる この先列車はかなりの急こう配を登って行くはず。

     急カーブで見え隠れするバイカル湖など動画に収めたい。

15:46 日本時間16:46 イルクーツク停車 Остановка в Иркутск(人口62万人) シベリアの美しい街。

     30分の停車中に是非、駅前広場を見物したい。

16:30頃 アンガラ川に沿って走る。

18:57 日本時間20:57 ジマ停車 モスクワ(莫斯科)との時差が4時間になる。

     電化方式が変わるため機関車の交換

     貴重な30分停車のうちにピロシキや水餃子・水分を補給しよう。





  2017.04.15 行動記録



深夜の停車駅 チタ。Станции Чита поздно ночью.

深夜にもかかわらず、多くの乗降客がいました。Поздно ночью хотя много пассажиров.

立派なPID(ロシア鉄道)の駅ビルが建っています。

例の東洋人の女性も、駅構内を散歩していた。
しかし、他の乗客は、誰も列車の外に出ようとしないようです。

動画 チタ駅構内1




街の灯りがとても綺麗ね。 ブルーライトチタ。

30分停車中に、食料の補給の自動車がホームに来た。

その後、バキュームカーが来て、列車の汚物を回収した。

動画 チタ駅構内2




頼りになる車掌さん2人。Дирижер будет рассчитывать на 2.

もう一人の車掌さんとは、もちろんルダさんのこと。

ロシア人女性は、・・・付き合うと大変だと???

写真撮らせてもらう場合も、30分位化粧の時間が
必要な様でした。

Россия женщин... пойти вне и сказать трудно?
Фотографии займет 30 минут, даже если много макияж время
Это было необходимо.

車掌のルダさんに
私:「モージナ?」(写真を撮っていいですか?)
ルダさん:「ヤー?」(私を?)

結局、写真を撮らせてはもらえませんでした。

その間も、列車は一生懸命走っています。




05:01 ヒロークに到着。5:01 прибыл обращал внимания.

ヒロークを過ぎた頃から、今までは草原だったけれど、
少し針葉樹林が見られるようになる。
После grok был прерии до теперь, но немного хвойных
лесов следует рассматривать.




今日の朝食には、ジャガイモが参加。Завтрак сегодня присоединились к картофель.

動画 朝陽の中を走る1

動画 朝陽の中を走る2




車内は、結構満室に。Автомобиль продан.

隣のアメリカ人夫婦とは、いつも笑顔で挨拶した。

動画 ペトロフスキー到着

動画 最低気温を記録した場所




※コラム7 特急は無いシベリア鉄道?

時刻表には「急行ロシア号」となっている。

しかし、列車の名前がロシアを代表しているし、
列車番号が、栄えある1番列車だ。

通過駅の数は最多で、シベリア鉄道では最速なので、
日本的には「特急ロシア号」で差し支えないと想いました。



08:48 ウランウデ停車。8:48 останавливаются на Улан-Удэ.

北京行きの路線との合流をみたかったが、
過ぎてしまった。

ここでもロシア人の行動を観察しながら、
駅構内を散策する。

この瞬間が、とても楽しいのです。
Исследовать станцию.
Именно в этот момент это так весело.




食料調達もしておこう。Позвольте мне удовлетворить тоже.

牛乳80p、ピロシキ25p×3、ピザ50p。Молоко 80 p, пирожки, 25 p × 3, 50 p пицца




いつも駅のホームでくつろぐときは、
車掌さんの隣にいた私です。
Я был рядом с дирижером, пока вы отдыхаете на платформе всегда.

車掌さんの隣にいれば、多少の事は見逃されるのです。




ウランウデで買った食料で、昼食をしようか。Еда купил в Улан-Удэ, на обед.

と言っても、私の今回の旅行では、いつでも食事の時間でした。
Скажем моя поездка была время еды в любое время.

だらしのない食生活をしておりました。

動画 ウラン・ウデ発車




車窓を楽しもう。Наслаждаться пейзажем.

動画 シベリアの乾いた街ウラン・ウデ




写真には写せなかったけれど、
ロシアの墓地は質素で綺麗でした。

青い墓石が印象的です。

やはり、職業である霊園管理の目で注目してしまいます。




青い機関車をよく見てみた。

シベリア鉄道の第4走者です。
Это Транс-Сибирской железной дороги 4 бегун.




何となく女性的ですね。

この先のバイカル湖〜イルクーツクには、急勾配があるはずです。
Должно быть это первый Байкал Иркутск в крутой склон.

地図を見て予想しました。




ロシアの休日。

5月9日は、戦勝記念日です。

一時、ドイツに攻められて国が亡ぶ直前だったようです。
(独ソ戦)

陸続きなので、戦車隊が来て街を焼かれたようです。

ポーレシカポーレ! Paulechicapaule!
音楽 ポーレシカポーレ
音楽 ポーレシカポーレ日本語歌




バイカル湖が見えてきました。
Озеро Байкал вступил в зрения.

動画 バイカルが見えてきた

今回の車窓で、一番楽しみにしていた瞬間です。
Это-декорации из этого и был с нетерпением жду момента.




バイカル湖を見つめています。

一面凍っています。

バイカル湖の春は、5月でしょうか。

動画 ロシア人も感動の景色




バイカル湖は、世界の淡水の20%以上を占めているらしい。
Озеро Байкал, кажется, до более чем 20
процентов в мире пресной воды.

すごいですね。

動画 バイカル湖




快晴になって来ました。

バルクジン山脈も見えてきた。

雪が意外と少ない!

動画 バルクジン山脈




バルクジン山脈は4000m級。

日本の北アルプスに似た山容です。




この景色を、約20分動画撮影しました。




13:41 スリュジャンカ停車。

以前は行っていた機関車の交換は無く、
わずか2分の停車。 タバコを吸うのがやっとです。

時刻表では解っていましたが、
バイカル湖名物のオームリ(サケ科の魚)が
買えません。

ウランウデで買うべきでしょう。
イルクーツクでは売っていません。

列車は、この後かなりの急勾配を登る。
いくつものカーブを曲がり、高度を上げて、
やがてバイカル湖は、はるか下の方になった。

しかし列車は、速度を落とさず登っていく。
青い女性的な機関車は1両だが、力持ちだ。



動画 バイカル湖を離れて急勾配を登る1

動画 バイカル湖を離れて急勾配を登る2

動画 バイカル湖を離れて急勾配を登る3

動画 バイカル湖を離れて急勾配を登る4




ところで、オームリを諦めた私ですが・・・

私のその様子を見ていた9号車の男性車掌が、
私の個室に、モンゴル人らしい女性の行商を呼んだようだ。

3匹で500p

割高かもしれないが、新鮮だから、買うことにした。

山には針葉樹が90%を占めるようになってきた。






イルクーツクの街が見えてきた。

街の中心は、アンガラ川を隔てた反対側みたいだ。

動画 イルクーツクの街が見えて来た




イルクーツクは、シベリアのパリと言われています。

今度来るとしたら、ここで途中下車したいなぁ。

動画 イルクーツクの街が見えて来た2




駅舎も綺麗です。

動画 イルクーツク駅

この後、駅前広場に出てみました。
結構な距離を歩き回りました。

イルクーツクの美しさは、アンガラ川の対岸に
あるようです。

動画 イルクーツク駅前散歩




30分停車中に、駅構内も走り回りました。

他の列車も見物しております。

動画 イルクーツク駅構内

今までの駅と違って綺麗ですが、
キオスクや個人の出店が無い。

規制が厳しいのかも知れない。




これは、ロシア号の食堂車です。

食事では2回しか利用しませんでしたが、
食堂車が暇な時間で、自分も暇な時は、
シベリアのガイドブックを見ながら、
食堂車の女性と話をしたものでした。




イルクーツクでは、大勢の乗降客がいました。




ガイドブックの上に置いた水晶。

これは、登山の時にも私のお守りのようなものです。
宗教的な意味はもちろん無い。

この直後、車掌のルダさんにお願いして、
シャワールームを借りて、サッパリしました。(150p)

動画 個室でくつろぐ

17:30頃 草焼きをしているところを見られた。

動画 3線区間が続く

18:50頃 突然雨になって来た。

動画 シベリアの雨




20:27 ジマー停車。

ここで機関車の交換をするけれど、
雨で寒いから、タバコだけで車内に戻る。

スマートフォンは、ちゃんと現地の時間を
示しています。

エライ!




イルクーツク発車時は、満席になっていた。

明るく挨拶してくれた4号室のアメリカ人夫婦が、
大きな荷物を持っていたので、
イルクーツク下車時は、荷物を持って手伝った。

good-by!





シベリア鉄道 その1
Транс-Сибирской поезд 1

シベリア鉄道 その2
Транс-Сибирской поезд 2

シベリア鉄道 その3
Транс-Сибирской поезд 3

シベリア鉄道 その5
Транс-Сибирской поезд 5

シベリア鉄道 その6
Транс-Сибирской поезд 6

シベリア鉄道 その7
Транс-Сибирской поезд 7

シベリア鉄道 その8
Транс-Сибирской поезд 8

舞浜荷駄隊のホーム